ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PSP2(の噂)は死なず…今年の年末には登場!?

携帯ゲーム PSP

[size=x-small]なんでもできる夢のゲーム機PSP2…待ちきれなくて作っちゃったんだって。[/size]


21世紀のウォークマンと鳴り物入りで登場以来、今年で早くも3年目。実は、2004年の発売から基本的にハードも値段も変わっていなかったりするPSPですが、ここに来ていよいよ新型という噂が本格化してきました。最近はソフトも揃ってきて、今度こそは本当であって欲しいところですが…



さまざまなサードパーティや確度の高いソースは、PSP2がやってくるといいます。憶測は業界で渦巻いていて、サードパーティのパブリッシャーは、彼らのゲームをPSP2ローンチに合わせたいと望んでいます。


一説によると、ソニーはこの大きな発表を今年のE3で行う可能性が最も高く、発売日については一切明らかにしていないものの、どうやら第4四半期であるようだとのこと。

再設計された製品は確かに存在していて、我々が聞いたのは今のまでところこのようなものです。

・ゴージャスなスクリーン
・より早くなったロード時間
・改良されたボタン
・8GBの内蔵Flashメモリ
・タッチスクリーンの"可能性"
・内蔵カメラの"可能性"
・UMDは健在


8GBフラッシュ内蔵という話は何故か毎回出てきていて、ここ数年の間にメモリースティックの方が大容量になってしまいすっかり微妙な存在のUMDですが、やはり(他はともかく)ゲーム機として過去の資産は捨てられないところでしょう。

しかもここに来てPSPには、[url=http://kotaku.com/gaming/top/monster-hunter-monster-hit-sells-half-a-million-239520.php]海外でも話題に[/url]なっているMonster Hunterの日本での大ヒットなど、国内外のオリジナルタイトルも揃いゲーマーにとっては結構な収穫期となっているだけに、もう少し早く新型でも値段改定でも投入されていればと思わなくもないですが…

さてさて、今度の噂はどうなりますことか。続報に期待しましょう!
[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/gaming/top/rumor-no-denying-it-psp2-is-coming-242845.php]Kotaku: "Rumor: No Denying It, PSP2 Is Coming"[/url])[/size]
[size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/isaosan/113568041/]Flickr: "PSP2, the pictures!"[/url])[/size]

【関連記事】
フェイクねた:PSP2のモデル画像とスペックが掲載・・
勝手にデザイン、その名も『PS THREE』
Dellから携帯ゲーム機が発売?UMPCベースの端末に
『Most Wanted Games』2007年に期待のゲームトップ10: PSP, DS, PS2編
《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PS Vita新カラー「シルバー」「メタリック・レッド」が仲間入り!12月より発売開始

    PS Vita新カラー「シルバー」「メタリック・レッド」が仲間入り!12月より発売開始

  2. 桃鉄の最新作!3DS『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』今冬発売

    桃鉄の最新作!3DS『桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!』今冬発売

  3. 『GOD EATER 2』近接武器「ブーストハンマー」を徹底解剖 ― 新キャラクター 「ナナ」の紹介も!

    『GOD EATER 2』近接武器「ブーストハンマー」を徹底解剖 ― 新キャラクター 「ナナ」の紹介も!

  4. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  5. 3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

  6. 『DJMAX』の精神的後継作『SUPERBEAT XONiC』PS Vitaで12月発売、指と共鳴する新感覚とは

  7. 海外レビューハイスコア 『Dragon Quest IX: Sentinels of the Starry Skies』

  8. バンドルやキャリーケース 『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』海外キャンペーン

  9. スペースシップローグライク『FTL』のPS Vita版は現時点で予定なし、開発者がTwitter上にて報告

  10. スクエニ野村氏、海外誌で『すばらしきこのせかい』続編製作に前向きな発言

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top