全然違ウ!海外カバーアート『アテナ&サイコソルジャー』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート『アテナ&サイコソルジャー』

家庭用ゲーム PlayStation 2

SNKの格闘ゲームと言えば、餓狼伝説シリーズ、KOFシリーズと絞られてくるのですが、これらの出演キャラクターにはSNKが過去にリリースしたゲームタイトルから、代表的な2人がいます。それがアテナと椎拳崇です。今回はその2人の代表的なゲームのアートを海外版と比較してみます。


では最初に[b]アテナ[/b]から。国内版(FC版)はこちら。



結構、肉感的というかグラマラスというか、当時の発売タイトルの中ではセクシーなアートを採用しています。アニメキャラ風なので教育上の風当たりは少なかったみたい。これが[b]女戦士はビキニアーマー[/b]と呼ばれる有名(かつ最も恥ずかしい)アートとなったのは、言うまでもありません。業務用のサイコソルジャー(後述)は既に発売されており、そのミュージックテープが付いていました。

海外版は、こちらになります……。



国内版に描かれていたアニメキャラ風のアテナ様は、すっかり様相を変えております。翼があり、甲冑をまとい、しかも黄金に輝いております!確かにこれなら女神アテナと言えるのでしょうが、ゲームですのでここまでリアリティにしなくても……。背景には咆えるメデューサが陣取り、周囲にもギリシャ神話の怪物が描かれ、国内版とは果てしなく違っています……。

それでは、アテナの続編になる[b]サイコソルジャー[/b]はどうでしょうか?国内版はこちらになります(FC版のアートがありませんでした……)。



この作品でのアテナは、前作の子孫・麻宮アテナという設定になっています。確かに髪の色が違いますし、[b]歌を歌いながら超能力を発動[/b]するようになっています。後ろに居る椎拳崇の表情が何だか怪しいのが気に懸かります(立っているポーズも微妙)……。

海外版のアートは、こちら。



ストIIの春麗?!と一瞬思ってしまうほど、全く違った麻宮アテナ(ですよね?)がやたらと躍動感豊かに描かれています。とってもグラマラスで、不気味な昆虫(?)を相手に奮闘中。椎拳崇なんてどこに行ってしまったのでしょうか?!一人で事足りるので、置いてきたのかも……。

アテナは業務用もFC版も、グラフィックが若干違うだけのアクションでしたが、FC版はマニア向けな難易度で不評だったようです。サイコソルジャーの業務用は筐体にレーザーディスクを搭載して歌を流していました(周囲で騒ぐと音が飛んでしまう)。当時のコストとしては、かなり高額だったと思います。現在のようにCD-ROMやDVD-ROMなどで、ストリーム再生が簡単に出来てしまう環境ではありませんでした。それにしても、SNKに関してはネタが多いと思うのは筆者だけでしょうか?
[size=x-small](参考: [url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8A_%28%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%29]ウィキペディア(アテナ)[/url], [url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC]ウィキペディア(サイコソルジャー)[/url])[/size]

【関連記事】
全然違ウ!海外カバーアート『餓狼伝説』
100メガショック!NeoGeoタイトルは、今夏バーチャルコンソールに登場
ピーター・ムーア氏のNew刺青コンテスト、最優秀作品が決定!

(C)SNK PLAYMORE CORPORATION All rights reserved.
《Taka》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 【動画企画】『ニーア オートマタ』の攻撃手段とモーションが凄すぎた!―野球からSTGまで…

    【動画企画】『ニーア オートマタ』の攻撃手段とモーションが凄すぎた!―野球からSTGまで…

  2. サンドボックス×アクションRPGな『ポータルナイツ』PS4版が発表、最大4人で浮遊島の探索が楽しめる

    サンドボックス×アクションRPGな『ポータルナイツ』PS4版が発表、最大4人で浮遊島の探索が楽しめる

  3. 『Horizon Zero Dawn』のイースターエッグに注目…これはルーデンス?【ネタバレ注意】

    『Horizon Zero Dawn』のイースターエッグに注目…これはルーデンス?【ネタバレ注意】

  4. 『Horizon Zero Dawn』PS4 Proでの序盤40分プレイ映像!

  5. 『オーバーウォッチ』新ヒーローの更なるヒント!エフィのメモに書かれたものは......【UPDATE】

  6. PS4『Horizon Zero Dawn』機械の獣紹介映像4種が国内向けに公開

  7. 一人称サイバーパンクホラー『Observer』最新ティーザー!―狂気を感じる不気味な世界…

  8. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  9. PSVR向け格闘ゲーム『STEEL COMBAT』2月28日配信! 360度のフィールドで戦うロボットバトルが登場

  10. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top