ハードコアゲーマーのためのWebメディア

最も偉大なコンソール用ロールプレイングゲーム TOP15

家庭用ゲーム PlayStation 2

海外のゲームレビューサイトGameLemonにて、“Top 15 Console RPGs of All Time”と題し、これまでに発売されたコンソール用RPG作品の中から、最も偉大なタイトルとして選ばれた15作品が紹介されています。アメリカのサイトであるにも関わらず、そのほとんどが日本の国産ロープレという興味深い内容になっているので、15位から1位まで、元記事のコメントを一部抜粋しつつGame*Sparkでもご紹介します。日本のロープレファンの好みとかなり近いかもしれないその結果をさっそく見てみましょう。

***** ***** *****


選外佳作
* バルダーズゲート・ダークアライアンスII(PS2, Xbox)
* 魔界戦記ディスガイア(PS2, PSP)
* ゼノギアス(PS)
* フェイブル(Xbox)

15ヴァルキリープロファイル(プレイステーション, 1999年)

驚くほどゴージャスな2Dビジュアルとエクセレントなサウンドトラック。すべてのRPGファンがプレイすべき純粋にユニークな作品。

14ドラゴンクエストIII そして伝説へ…(ファミコン, 1988年)

アメリカではとりたててセールスを記録していないシリーズで、ゲームのほとんどはステレオタイプな日本製RPGの流行スタイル。しかし、ドラゴンクエストの最も偉大な点は、多くのゲームが犯す細かな過ちを避けて、満足度の高い(ゲームデザインの)公式を生み出したことだ。

13幻想水滸伝III(プレイステーション2, 2002年)

幻想水滸伝IIIはシリーズの中でもベストの一つ。仲間にできる108星のキャラクターや壮大で戦略性の高い戦闘システムはとにかく素晴らしい。

12LUNAR ザ・シルバースター(プレイステーション, 1998年)

LUNARはターン制戦闘システム、超デフォルメされたキャラクターモデルといったJRPGのよくあるタイプの型にはまった作品。しかし、それがオールドスクールの魅力であり、プレイするのが楽しくなる要素の一つでもある。北米版のローカライズを担当したWorking Designsは、声優も主題歌も最高の形で英語の吹き替えを実現した([url=http://www.youtube.com/results?search_query=Lunar%3A+Silver+Star+Story+Complete&search=Search]参考ムービー[/url])。

11ベイグラントストーリー(プレイステーション, 2000年)

刺激的ではまれるアイテム作成システム、くすんだゲームビジュアルと趣のある音楽によって、プレイヤーは本当の勝者になる。

10ポケットモンスター 赤・緑(ゲームボーイ, 1996年)

もしあなたがポケモンをプレイするのには大人過ぎるというのなら、それは恥ずかしいことです。この“子供向けゲーム”のシリーズは、最も奥が深くてやりがいのあるRPGのゲームプレイが用意されているのです。

9キングダムハーツ(プレイステーション2, 2002年)

ドナルドがベヒモスにサンダガを唱えたりするのを見るのは、一見FFやディズニーの世界観をぶち壊すんじゃないかと心配になるが、まさにそれが二つのシリーズ作品でプレイヤーが体験するとっても素敵なこと。

8MOTHER2 ギーグの逆襲(スーパーファミコン, 1994年)

現代風の世界を舞台にしたRPG作品は、超ダークなメガテンシリーズを除いて多くは存在しない。Earthbound(MOTHER2の海外版タイトル名)は、そんな希少な作品の一つで、メガテンシリーズとは全くもって対極的な世界観を持ったゲーム。

7ファイナルファンタジーIV(スーパーファミコン, 1991年)

ファイナルファンタジーIVはスーパーファミコンのプラットフォームの中でも最も優れたRPG作品の一つ。これからプレイをするなら、追加要素のあるゲームボーイアドバンス版のプレイをおすすめ。

6マリオストーリー(NINTENDO64, 2000年)

任天堂とスクウェアがチームを組んで、配管工の英雄を正真正銘のRPGに作り変えた。タイミングベースのゲームシステムは、マリオの世界にぴったりのユニークなRPGの戦闘システム。

5Star Wars Knights of the Old Republic II: The Sith Lords (Xbox, 2004)

RPG作品が少なかったXboxプラットフォームの中では、シリーズ二作品ともこの世代のベストにあたる。開発元のBioWareはまるで錬金術師。Baldur's GateやNeverwinter Nightsと同じオープンエンデッドの世界を生み出した。

4クロノ・トリガー(スーパーファミコン, 1995年)

クロノ・トリガーはすべての要素が正しく一つに組み合わさり、魔法のような体験が実現した数少ないゲームの一つ。スクウェアとエニックスのドリームチームともいえる開発者達によって作り出された。

3幻想水滸伝II(プレイステーション, 1998年)

あなたはこのゲームは良い出来だと思っているでしょう。でもそれは間違いです。良い出来どころか、非常にに素晴らしい出来です。幻想水滸伝IIはよくあるほとんどのRPGとは異なり、世界の終わりを目論む悪と戦うようなゲームではありません。

2ファイナルファンタジータクティクス(プレイステーション, 1997年)

このゲームは、発売から9年経った今でもまだ飽きがこないほど恐ろしい中毒性があります。すべてのサイドクエスト、個性的なキャラクター、数々の隠し要素、ゴージャスなサウンドトラック、これらが全部合わさって、ファイナルファンタジータクティクスはすべてのコンソールRPGの中でナンバー2の作品です。

1ファイナルファンタジーVI(スーパーファミコン, 1994年)

エクセレントな物語、親しみの持てる個性的なキャスティング、スタイリッシュなグラフィックと格調高いサウンドトラック、興味を引き付けるゲームプレイ…… これまでに発売されたすべてのコンソールRPGの中でもナンバー1に選ばれるべきこれらの要素が、ファイナルファンタジーVIにはすべて詰め込まれている。

[size=x-small]※このランキングは家庭用限定で、過去一年以内に発売された新作は含まれていません。また、育成要素があるゲームでも、アドベンチャーやアクションの要素が強い作品は除外されています(大神やゼルダシリーズなど)。さらに、シミュレーションRPG系の作品で、RPGパートよりも戦略性の要素が高いファイアーエムブレムやオウガバトルといった作品も含まれていません。[/size]

***** ***** *****


以上、15作品がずらっと並びました。Game*Spark読者の中にも、これらの作品をすべてプレイした古強者なロープレファンはたくさんいるかもしれませんね。好みや評価すべき部分は人それぞれではありますが、やっぱり家庭用ゲームのプラットフォームでは、質が高く、ワールドワイドに好まれる日本産のゲームがたくさん存在していることがわかります。新しい次世代プラットフォームでも、日本のデベロッパーには、10年経ってもゲーマーの記憶に残るような名作を生み出していってほしいものです。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamelemon.com/article_30010.jsp]GameLemon[/url], イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/ddarken/130656344/]Flickr[/url])[/size]

[b]UPDATE[/b]: ドラゴンクエストIIIの発売日が1982年になっていたのを修正しました。

【関連記事】
「あなたはターンベース派?それともリアルタイム派?」投票結果発表
発売日決定!遂に世界へ羽ばたく『ブルードラゴン』海外ユーザーの反応は
スクウェア・エニックスの最新RPG『ラスト レムナント』トレーラー

海外で『MOTHER 3』のDS発売を目指す運動が展開中
『大きな影響力を持つFPSゲーム』BEST15
今年最も意外なコラボ…BioWareのDS向け新作は、セガのソニック・ザ…RPG!?

GDC2007:RPGパネルセッション?世界のトップランナーがRPGを語る
経験値はゼロ!赤ちゃん用の“レベル1:人間”シャツ
SFCクロノトリガー体験版カセットがeBayで約3万円にて出品中!




《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  2. 『Dead Rising Triple Pack』Xboxゲームストアに製品ページ登場

    『Dead Rising Triple Pack』Xboxゲームストアに製品ページ登場

  3. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

    『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  4. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  5. 『エースコンバット 7』の発売日、対応機種、開発体制は?―現時点でわかっていることまとめ

  6. レトロスタイルの2Dソニック新作『Sonic Mania』が海外発表!―シリーズの原点に回帰

  7. 噂の「ソンブラ」に言及!『オーバーウォッチ』新コミック公開―国内PS4版「アナ」追加アップデートも実施

  8. 【レポート】『ペルソナ5』新システム「メメントス」で無限のダンジョンに挑め! アニメの放送日や体験会情報なども明らかに

  9. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  10. 『ストリートファイターV』新キャラ「ジュリ」は国内で7月27日配信!最新映像も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top