『バーチャファイター5』開発完了&デモ配信中!オンラインプレイには非対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バーチャファイター5』開発完了&デモ配信中!オンラインプレイには非対応

家庭用ゲーム Xbox360

先月のTGS 2007でセガの隠し球として発表された、Xbox 360版バーチャファイター5。発売予定日からほぼ2ヶ月前の昨日(10月12日)に、Xbox Live マーケットプレイスでデモが配信されています。残念ながらオンラインプレイには非対応ですが、ローカルでの対戦は可能で、業務用での技などしっかり通用します。


タイトルの開発は、めでたく完了したそうです。海外では北米発売10月30日、欧州が10月26日となっています。日本は12月6日と、1ヶ月ほど遅いリリースとなります。

デモの内容は次の通りです。


・使用可能なキャラクターは、アキラ、サラ、アイリーン、エル・ブレイズの4人。

・1試合当たりのラウンドは2本先取。Arcadeモードでのルートは、エル・ブレイズ(Arena)、レイフェイ(Deep Mountain)、ジェフリー(Island)と対戦できる。

・ローカルの2人対戦が可能。Xbox Live対戦には非対応(スコアランキングも使用不可)。※製品版ではオンライン対戦可能。

・各キャラの技の確認やボタン配置は、試合中にSTARTボタンを押すと設定ができる。但し、ボタン配置はデモを起動するごとに変えなければならない。

・DoA4スティックに対応。ボタン配置も可能。

・アイテムや段位認定などのフィーチャーは含まれていない。キャラクターの衣装は2パターン(STARTボタンを押しながらプレイキャラを決定するとサブコスチュームに)。


一番の目玉機能であるオンラインプレイが出来ないのは、やっぱり残念ではあります。しかし、業務用版(バージョンC)とコマンドや技フレームなどの調整は、違和感なく完成されているようです。

筆者がプレイしてみたところ、業務用でのコンボや連携攻撃は全て通用しました。グラフィックは、Xbox 360本体機能のアンチエイリアシングが利いているのか、業務用より若干リフレッシュされたようにも感じます。背景やステージのモデリングもほぼ完璧、キャラクターモデルは、良い意味で少しだけリファインされているようにも見えます。

アキラを中心的に使っていますが、DoA4スティック(Dead or Alive 4でかなり使い込んでいたもの)でも十分プレイに耐えられます。斜めに入れるコマンド(投げ技の心意巴やマニアな操作の立ち白虎など)も難なく繰り出せます。アキラスペシャル3種類も練習が必要ですが、慣れれば案外簡単にコンボに組み入れることが出来ると思います(崩撃雲身双虎掌は相手の隙を見極めましょう!)。

アキラの主力コンボをいくつかご紹介しておきます(他のキャラクターは機会があれば、また後日にでも!)

初心者用
・裡門頂肘→連環腿

・上歩川掌→裡門頂肘→右端脚

・躍歩頂肘→推窓→ダウン攻撃

中級〜上級者用
・揚炮→推窓→下段パンチ→白虎双掌打

・堤膝弾腿→上段パンチ→堤膝弾腿→白虎双掌打(あるいは修羅覇王靠華山か斧刃昇膝伏虎撃)

・金鶏抖レイ(カウンターヒット時)→伏虎または爬山量天地(バウンド)→白虎双掌打や修羅覇王などの大技

この他にも多数あります。プレイヤーに合ったキャラクターとプレイスタイルを発見、練習して、12月のオンライン対戦開始に備えてみてはどうでしょうか?4キャラクターだけではありますが……。
[size=x-small](ソース: [url=http://gamersreports.com/news/6749/virtua-fighter-5--gone-gold--demo-now-available/]GamersReports[/url], [url=http://virtuafighter5.jp/xbox360/index.html]Xbox 360版バーチャファイター5公式サイト[/url])[/size]

【関連記事】
『Virtua Fighter 5』オンラインプレイトレイラー
TGS 07: 隠し球登場!『バーチャファイター5 Live Arena』12月6日国内発売!
E3 07: 『バーチャファイター5』Xbox 360版フッテージムービー

バーチャファイター5の関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)SEGA All Rights Reserved.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

    戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  2. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  3. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  4. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  5. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  6. 海外レビュー速報『Horizon Zero Dawn』

  7. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  8. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  9. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  10. MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top