本日の懐ゲー: 海外でも大人気『ディグダグ』 あのジグザグも登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

本日の懐ゲー: 海外でも大人気『ディグダグ』 あのジグザグも登場

家庭用ゲーム PlayStation 2



1982年に発売されてなお根強い人気を誇るディグダグ。本日は海外のアーケード版のCMをご紹介しましょう。ATARIがパブリッシャをつとめた海外版。多くのシーンがカットインする、お金がとってもかかってそうなCMになってます。ディグダグが政治経済、科学、カルチャーにまでインパクトを与える……そんな壮大なストーリーライン。日本人も登場しますよ。




ディグダグはナムコミュージアムを中心に現在もリリースが続いており、Xbox Live アーケードにも配信されています。

[b]■おまけ: ジグザグ[/b]


人気のゲームにはつきものだったパチもの。ディグダグもけっこう有名なものがあります。そのひとつがDig Dug(ディグダグ)ならぬZig Zag(ジグザグ)。本物とほとんど変わらない大胆さですが、やはりヤバいと分かっていたのかメーカー名はふせてありますね。タイトルロゴもどこか遠慮がち。

* * *




まだ他にもジグザグがありました。ファーストステージからずいぶんとカラフルです。岩の代わりにツルハシがあるのが特徴的。あの下をくぐるとツルハシが下に落ちていくんでしょうか。これは本物に対する気遣いが感じられます……か?しかもきっちりメーカー名も表示してあります。これは「ジグザグはディグダグとは
違うゲームなのだ」という意思表明なのです。

ゲームの黎明期から25年経った今でも愛される『ディグダグ』。ただ懐かしいだけではなく、その裏付けとして高いゲーム性があり、スタンダードタイトルとしての地位を確立しています。2032年、このディグダグのように25年後も愛され続けるゲームが今年はあるでしょうか。
[size=x-small](ソース: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Dig_Dug#Trivia]Wikipedia[/url])(イメージ: [url=http://www.vgmuseum.com/images/arcade/01/zigzag.html]Video Game Museum[/url], [url=http://www.klov.com/game_detail.php?letter=Z&game_id=10532]KLOV[/url]) [/size]

【関連記事】
昔のゲーム製作風景(ナムコ開発室)
Wiiリモコンでワニワニパニックも!?Wii&DS『Namco Museum Remix』
ファンの必需品? 『パックマン』iPodケース
全然違ウ!海外版カバーアート




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  2. 【特集】編集部が独断で選ぶ『バトルフィールド1』オススメ武器ベスト10

    【特集】編集部が独断で選ぶ『バトルフィールド1』オススメ武器ベスト10

  3. 【特集】『FINAL FANTASY XV』購入前のFAQ!―気になる情報を総まとめ

    【特集】『FINAL FANTASY XV』購入前のFAQ!―気になる情報を総まとめ

  4. ウィラメッテに再臨間近!『デッドライジング 4』海外ローンチ映像

  5. 川下りADV『The Flame in the Flood』のPS4版が発表!―海外で2017年にリリース

  6. 『レインボーシックス シージ』新シーズンパス登場―8名の新オペレーター追加へ

  7. 『バイオ7』の新スクリーンショットや動画が続々公開!新たな敵「モールデッド」やベイカー一家のおぞましい”力”とは

  8. 【TGA 16】『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』新プレイ映像!未見エリアを探索

  9. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  10. 『タイタンフォール2』マルチプレイ無料トライアルが近日開幕、前作マップ配信もまもなく

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top