舞台はNYのセントラルパーク『Alone in the Dark』ボックスアート&新着ショット | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

舞台はNYのセントラルパーク『Alone in the Dark』ボックスアート&新着ショット

家庭用ゲーム PlayStation 2

[size=x-small]最近公開されたボックスアート。うーん、なかなか渋い感じ。でも主人公の顔がゲーム中と違うような……。こちらはPAL版のカバーになるので、北米版ではまた別のものになる可能性もあります[/size]


90年代初頭にInfogramesから発売されたサバイバルホラーの古典的名作 Alone in the Dark。その第五作目となる最新作 [url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=alone+in+the+dark&kcatid=&x=0&y=0]Alone in the Dark[/url](Near Death Investigation)は、Xbox 360の[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=test+drive+unlimited&kcatid=&x=0&y=0]Test Drive Unlimited[/url]などで日本でも馴染みのあるEden Gamesが開発を担当しており、来年3月にAtariから海外で発売予定です。

Windows PC、PS3、Xbox 360の次世代プラットフォームに加えて、PS2やWii、PSPへの展開も決定した今作の新しいスクリーンショットとボックスアートをご紹介します。

* * * * *


[size=x-small]プレイヤーはシリーズのアイコン的存在であるEdward Carnbyに扮し、NYのセントラルパークで起こった超常現象に挑むのだ[/size]



[size=x-small]ゲームエンジンには、TDUでも使われていたTwilight Engineを採用し、ニューヨークの広大な町並みを構築。反射と光源処理、モイスチャー、フィールドデプスなどにより映画的な演出が実現[/size]


[size=x-small]現実世界に基づいた法則を目指し、フィールドの探索方法が画期的に。現実世界であなたができることは、ゲームの中でも可能になるんだそう[/size]


[size=x-small]セントラルパークの背後で蠢くあの世の住人達の陰謀とは。ストーリーは、現存する哲学や精神をベースにしたアイデアやセオリーを導入[/size]


[size=x-small]FPS視点で主人公が自分の上着の内ポケットを見下ろす画期的なインベントリー画面を採用。空き瓶に弾薬とガソリンをぶち込んで、DIYで爆弾が作れたりもしちゃうみたい[/size]


* * * * *


Alone in the Darkは、いずれのプラットフォームでも2008年3月下旬発売予定となっています。ちょっと気になるな〜という方は、怪しいキャンペーンCMが流れる[url=http://www.centraldark.com/]公式サイト[/url]にも足を運んでみましょう。[size=x-small](イメージ: [url=http://www.exp.de/product_gallery.php?pid=937&aid=x360]eXp.de[/url])[/size]

【関連記事】
『Alone in the Dark』最新作のトレイラーやイメージが公開されるも発売は延期
『Alone in the Dark: Near Death Investigation』ゲームプレイ映像初公開
謎が謎を呼ぶ『Alone in the Dark: Near Death Investigation』トレイラー

『Condemned 2: Blood Shot』前作よりも恐ろしい?デビュートレイラー
ゲームプレイシーン満載! 『Left 4 Dead』直撮り映像
どこから見てもF.E.A.R.の続編!『Project Origin』デモプレイ動画

Alone in the Dark: Near Death Investigationの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) 2006 Atari Interactive, Inc. All rights reserved.


 






《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

    『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  2. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  3. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  6. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  7. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  8. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  9. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  10. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top