総額120億円以上?Ubisoftがトム・クランシーブランドの権利をまるごと買収 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

総額120億円以上?Ubisoftがトム・クランシーブランドの権利をまるごと買収

家庭用ゲーム PlayStation 2

今日、フランスを拠点にするゲーム販売・開発会社Ubisoftは、アメリカのベストセラー小説作家[b]トム・クランシー[/b]氏が持つブランドの知的所有権を獲得したと発表しました。

スプリンターセル、ゴーストリコン、そして今週続編が北米で発売されたレインボーシックス ベガスなど、トム・クランシーの名前が入ったブランド作は、ほとんど全てがマーケットで大きな成功を収めており、同社の権利獲得の動きはごく自然の流れだったと考えられます。

[url=http://www.ubi.com/US/News/Info.aspx?nId=5162]プレスリリース[/url]によれば、今回Ubisoftが獲得した権利は、ゲームだけに留まらず、書籍や映画などトム・クランシー氏が携わるすべての作品や商品に及びます。さらに、今回の発表に伴って、UbisoftのCEOであるYves Guillemot氏は、トム・クランシーの世界観を取り入れたMMO作品の開発も視野に入れていることを明らかにしました。

また、Newsweekに掲載された[url=http://blog.newsweek.com/blogs/levelup/archive/2008/03/20/splinter-sell-quick-reactions-to-the-ubisoft-tom-clancy-deal.aspx]記事[/url]にてアナリストのMichael Pachter氏は、Ubisoftがこの権利獲得のために支払った金額は、トータルで実に1億2800万ドル(日本円でおよそ[b]127億円[/b])にのぼると予想しています。

[size=x-small]およそ二年ぶりに現場に復帰するサム・フィッシャー[/size]


Ubisoftの看板ブランドとして、さらに不動の地位を得たトム・クランシーフランチャイズ。2008年には、人気ステルスアクションシリーズ五作目 Splinter Cell: Convictionや、既に小説版がベストセラー化しているリアルタイムストラテジーEndWarなどのビッグタイトルが控え、今後もますます勢いを増すことになりそうです。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamedaily.com/articles/news/ubisoft-locks-up-all-tom-clancy-rights]GameDaily[/url], via [url=http://kotaku.com/370355/ubisoft-acquires-tom-clancy-name]Kotaku[/url])[/size]

急成長を続けるUbisoftの秘密!Yves Guillemot社長ロングインタビュー: 前編
急成長を続けるUbisoftの秘密!Yves Guillemot社長ロングインタビュー: 後編
任天堂が世界のゲームデベロッパーTOP50で1位に!

美女軍団がお届けする『Tom Clancy’s EndWar』プレイ解説映像
『Tom Clancy’s EndWar』1000ユニット以上が登場!キーフィーチャー紹介
『Rainbow Six Vegas 2』最新スクリーンショット&Limited Editionの内容公開
GDC 08: 『Tom Clancy’s EndWar』次世代機版だけでなくDSとPSPにも供給
ビショップを操りベガスに平和を取り戻せ! 『Rainbow Six Vegas 2』詳細
Xbox 360とPS3でも発売決定『Far Cry 2』リリースは今年4月以降に
『GRAW 2 Legacy Edition』4月発売予定 マップと武器を更に追加

(C) 2007 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.







《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

    『BioShock』スタッフらの新作ホラー『Perception』海外PS4向けに発売決定

  2. 『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に「お嬢様の休日コスチューム」&「シーズンパス6」登場!

    『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』に「お嬢様の休日コスチューム」&「シーズンパス6」登場!

  3. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

    生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  4. 『バイオ7』序盤ストーリーダイジェスト公開―DLC「Not A Hero」の2017年春無料配信も決定!

  5. 新たな脅威が訪れる…DC格ゲー『Injustice 2』ストーリートレイラー!―新スクリーンも披露

  6. PlayStation UK、Twitterアカウントの重力が反転!『GRAVITY DAZE 2』らしさ満点のプロモーションに

  7. ニンテンドースイッチ版『Borderlands 3』の可能性は低い―GearboxCEO談

  8. フィル・スペンサーらMS担当者が「ニンテンドースイッチ」にコメント

  9. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

  10. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top