「PlayStationは再びリードする」Kaz Hirai氏が英国BBCに語る海外インタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「PlayStationは再びリードする」Kaz Hirai氏が英国BBCに語る海外インタビュー

家庭用ゲーム PlayStation 2




今週、ロンドンで行われたプライベートカンファレンスでは年末に向けて多くのラインナップを展開、先行するXbox 360をヨーロッパでは[url=http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=137142]追い抜いた[/url]と発表するなど、国内外で平井体制が形になって来た最近のSCE。あの久夛良木氏が引退してからもそろそろ1年、SCEグループ全体を率いる立場になったKaz Hiraiこと平井一夫氏が、イギリスの公共放送BBCのインタビューに答え、海外の一般メディアに対しこれまでの問題を率直に見据えつつ、さらには将来のゲームコンソール開発についても語ってくれています。




* * * * * * * * *





[size=x-small]ヨーロッパを率いるDavid Reeves氏から紹介され、今回ロンドンにも現れたKaz Hirai氏[/size]








任天堂やMicrosoftと共に、ソニーは「マラソン」を戦っていると平井氏はBBCに語ります。昨年の終わりまでに、世界中で1,050万台のPS3が販売され、現在ヨーロッパでは500万台以上が売れました。任天堂は、今年の4月までに2,500万台のWiiを世界中に展開し、Mircrosoftは同期間で1,900万台を出荷したと明らかにします。


「私たちにはまだ、PS3にとって最初の一歩を踏み出し始めただけでした。ですが、我々の計画する長期的なライフサイクルを考えれば、主要な地域の全てで良好なインストールベースを築こうとしていると確信しています」

「10年間のライフサイクルが終わった後には、我々の求めるインストールベースは、間違いなくリーダーのポジションにあることでしょう」




[size=x-small]期待の2大オリジナルFPS、Killzone 2とRecistance 2もゲームシーンがついに登場[/size]





新しいハードウェアが5年で導入される一方で、それまでの二つの世代のゲーム機が続いているライフサイクルの中に、新しいプラットフォームをいつ登場させるべきか予測するのは難しいとしつつも、平井氏はPS3の後もソニーが将来のゲーム機開発を研究し続けていると述べました。


「半導体やグラフィックチップ、TVやモニターといった出力デバイスの発展。次世代の製品をどのようなものにすべきか評価するためには、実にさまざまな領域でテクノロジーの進歩を考慮しなくてはなりません」


そして、将来のゲームハードウェアに対するソニーの投資は、現在も重要なままであると彼は続けます。


「例えば、これまでのゲーム機でおこなってきた投資についても、我々は10年間のライフサイクルでビジネスを見ています。5年間であきらめて放り出したりはしません」



[size=x-small]プレゼンテーションに登場した今年期待のラインナップ[/size]






さらに平井氏は、企業として専用のゲーム機なしでも楽しめるピュアなネットワークゲームの研究を始めているというのです。


「それは、我々がしようと考えていることのひとつです。これから進むべきどんなロードマップを描くか、社内では多くの議論を行いました」

「(ただし)オンラインゲームでは、我々がビジネスを行う地域、全体でのインフラに左右されてしまいます。PS3のコンテンツを考えたときに、世界中の全部で、50GBといった容量をタイムリーな方法で配信するのは今のところ非常に困難です」


そうしたPS3のセールスはゲームによって拡大し続け、今年のラインナップが原動力になると平井氏は語ります。


「今年発売されるタイトルをご覧いただければ――Metal Gear Solid 4、Resistance 2、Motorstorm: Pacific Rift、LittleBigPlanet。これから年末にかけて、たくさんのタイトルが登場し、大いにインストールベースを成長させてくれることでしょう」




[size=x-small]最後は新たに海外で展開される広告キャンペーン "What You Need"[/size]






一方またPS3の立ち上げは難しいものになり、生みの苦しみに直面したと彼は説明します。


「日本やアメリカでは、十分な量の本体を供給をすることができず、またゲームタイトルの少なさに対しても、マスメディアや消費者にご心配をかけてしまいました」

「こうした状況は良くなっています。今年のソフトラインナップは順調で、年末商戦には間違いありません」


最後に平井氏は、PS3内部のテクノロジーがデベロッパに対して当初、使いこなすのが難しいものであったとしてこう述べました。



「開発者たちは今、新しい技術を受け入れ、PS3のプラットフォームに、自分達の創造性を発揮できるようになり始めていると思っています。立ち上げ時期に比べたら、間違いなくずっと」
[size=x-small](ソース: [url="http://news.bbc.co.uk/2/hi/technology/7387628.stm"]BBC: "PlayStation 'will reclaim lead'"[/url])[/size]

 
【関連記事】
PSD 08: 60人対戦の新システムも!『Resistance 2』直撮りゲームプレイ動画
PSD 08: 発売時期も決定!『Killzone 2』最新フッテージ
PSD 08: なんという疾走感 『Mirror’s Edge』のプレイシーンが収められた最新トレイラー

PSD 08: ようやく正式タイトル 『Motorstorm: Pacific Rift』最新画像&最新映像
PSD 08: 3分にも及ぶ『Motorstorm: Pacific Rift』解説映像
PSD 08: グランツーリスモを極めてプロレーサーに!『GT Academy』がヨーロッパで開催


進化し続けるエンタテインメント… 『Home』や『インゲームXMB』は年内に正式導入
PS3用ゲームソフトは、3月までに380本が登場!Kaz Hirai氏が宣言
巨星…乙!?SCEの久夛良木会長が引退を表明!


今はゲームの黄金時代…高評価続出の発売ラッシュに、英国BBCが今年を振り返る
やっちゃった――英国BBCが『Halo 3』と『Killzone 2』を間違える
開発費もギネス級!『Grand Theft Auto IV』英Times紙がRockstarに潜入インタビュー

- トップに戻る -




(C) Sony Computer Entertainment America. All rights reserved.


 





《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

    現実でトリコ飼ってみた?『人喰いの大鷲トリコ』ユニークな海外公式映像

  2. 『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

    『ニーア オートマタ』体験版が12月22日配信決定、本作のバトルアクションを体験可能

  3. 新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

    新生『DOOM』アップデートでマルチにBOT戦追加、ドゥームマリーン衣装も使用可能に

  4. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  7. 高速シューター『Nex Machina』プレイ映像!―『スマッシュT.V.』開発者と『RESOGUN』開発元のコラボ

  8. ヤギ銀行強盗!『Goat Simulator』DLC「PAYDAY」が国内Xbox One向け配信

  9. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

  10. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語最新トレイラー、目標は麻薬カルテルの壊滅

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top