いよいよ登場『Tom Clancy's EndWar』携帯機版はターンベースの意外な本格ストラテジー! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

いよいよ登場『Tom Clancy's EndWar』携帯機版はターンベースの意外な本格ストラテジー!

携帯ゲーム DS




次世代機で普及率の高いヘッドセットを生かしたユニークなボイスコマンドも採用して、従来のコンソール向けRTSの限界に挑む[b]Tom Clancy's EndWar[/b]。おなじみのGhost ReconやSplinter Cellとも共通する世界観を舞台に繰り広げられる、人気フランチャイズ初めてのストラテジータイトルは携帯機にも登場し、こちらはなんとターンベースの正統派ウォーゲーム。

いよいよ来週に迫った発売を前に、発売元のUbisoftがプレスリリースを出してゲームの完成を発表。これまで詳細のわからなかった、DS版とPSP版の意外なゲーム内容も明らかになっています。



* * * * * * * * *







ハイエンドな据置用と比べて、これが同じ題名で発売されるというのはさすがにちょっと驚きですが、すべての操作はタッチペンから可能で二画面にも対応。本格的なオリジナル作品になっており、これはこれで面白そうなDSバージョン。








任天堂のファミコンウォーズが、携帯機向けに海外でも展開されたAdvance Warsシリーズは、なかなか発売されない本家の日本より遥かに人気が高く、RTSで有名なあのAge of Empireなども、以前からターンベースになって[url=http://www.gametrailers.com/player/36609.html]新作まで登場予定[/url]の海外DSソフト。一見するとかなりトラディショナルな今回のEndWarですが、移動や攻撃フェーズの結果が同時に反映されるといった、携帯機向けにテンポの良いものになっているようです。






続いて、横長ワイド画面のPSP版。世界のメインストリームからは完全に追いやられた感のある伝統的なターンベースストラテジーですが、これなら携帯機との相性もかなり良さそうです。




次世代機向けに開発しているUbisoftの上海スタジオと共に、ターンベースの意外な携帯機版を手掛けているのは、箱庭ゲームに実績のあるドイツのFunatics Software。本編と同じく、天然資源を巡る争いから第三次世界大戦に突入した近未来、アメリカとヨーロッパ、ロシアの三勢力が登場するそれぞれのキャンペーンモードと、100以上のステージが用意された2人対戦モード、さらにはマップエディタなども搭載しているとのこと。


[size=x-small]こちらは完成の発表と共に新しく公開された、Xbox360/PS3版トレイラー、発売前最後の一本[/size]




今月は気になるボイスコマンドも使用可能なデモ版がリリースされた次世代機向けは、ヘッドセット付きの限定版も用意され、携帯機バージョンと共にいよいよ発売。例によってしばらく先にされそうなPC版を除き、海外ではXbox 360、PS3とDS、PSPの4機種同時に11月4日のリリース予定となっています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.thehdroom.com/news/Ubisofts_EndWar_on_PS3_Xbox_360_Goes_Gold_New_Video/3666]TheHDRoom: Ubisoft's EndWar Goes Gold; New Video[/url], [url=http://kotaku.com/index.php?refId=5068944]Kotaku[/url])[/size]


 
【関連記事】
『Tom Clancy's EndWar』コマンドポイントや大量破壊兵器のチュートリアル映像
緊迫の命令合戦『Tom Clancy's EndWar』最新トレイラー
ボイスコマンド対応RTS 『Tom Clancy’s EndWar』最新デモ映像


『Tom Clancy’s EndWar』次世代機版だけでなくDSとPSPにも供給
DSでもペルシャ王子が活躍『Prince of Persia: The Fallen King』トレーラー
『Tony Hawk’s Motion』ニンテンドーDS初のモーションセンサー対応に

あのトム・クランシーが、今年のグルジア紛争を大予言!?そのリアルさが改めて話題に
総額120億円以上?Ubisoftがトム・クランシーブランドの権利をまるごと買収
「あなたはターンベース派?それともリアルタイム派?」投票結果発表

海外レビューハイスコア 『Advance Wars: Days of Ruin』(アドバンスウォーズ2)
海外レビューハイスコア 『Disgaea: Afternoon of Darkness』(ディスガイアポータブル)
海外レビューハイスコア 『Civilization Revolution』


Tom Clancy’s EndWarの関連記事をGame*Sparkで検索!



- トップに戻る -



(C) 2008 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.



 






《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 任天堂、3DS後継機を検討中

    任天堂、3DS後継機を検討中

  2. CES 08: SCEA、PSP向けキーボードを開発中 リリースは2009年半ば

    CES 08: SCEA、PSP向けキーボードを開発中 リリースは2009年半ば

  3. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

    スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  4. PS3ソフトが楽しめるゲームサービス「PS Now」、PS Vitaなどへの提供が終了に

  5. スクエニ野村氏、海外誌で『すばらしきこのせかい』続編製作に前向きな発言

  6. 『進撃の巨人 ~人類最後の翼~』巨人を駆逐するためのアクションや成長要素、様々な装備を開発できる施設などのゲーム情報が一挙解禁

  7. アイツが3DSで帰ってくる!『TOKI TORI 3D』発売決定

  8. ソニック初期の名作がDSで1つに!『Sonic Classic Collection』が海外で発表

  9. 発売から約6年―PSP『Resistance: Retribution』のオンラインサーバーが3月15日で停止へ

  10. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top