これは…誰!?『風のクロノア』海外版のクロノアに、思いもよらぬ悪夢が接近中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

これは…誰!?『風のクロノア』海外版のクロノアに、思いもよらぬ悪夢が接近中

家庭用ゲーム Wii



90年代後半の2Dから3Dへの移行期に、地味ながらも完成度の高いジャンプアクションと昔のナムコを思わせるような印象的なキャラクターで、国内外のゲームファンから歓迎を受けた、風のクロノア([b]Klonoa: Door to Phantomile[/b])。その後のシリーズは決して順調とは言えませんでしたが、あれから11年の時を超えて今年、Wiiでリメイクされることになった初代の名作が、なにやら海外では大変なことになってしまうかもしれないみたい。




* * * * * * * * *



[size=x-small]本編もトゥーン調になり、これはこれでオリジナルから結構雰囲気も変わっていたりする、今度のWii版[/size]



3Dの表現力を生かしたフィールドデザインでありながら、ソリッドな2Dジャンプアクションが楽しめるオリジナルのゲーム性はそのまま、最新ハードの印象的なグラフィックになってこれから12月に発売される、[url=http://kloweb.namco-ch.net/]Wii版クロノア[/url]。日本以外での発売はまだ決まっていないようですが、海外のNBGIがオンラインサイト上で今、ちょっと意外なアンケートをとっていることが発売を期待するファンの間で話題になっています。




[size=x-small]「わっふー!」……なんだか、こういう名調子もちょっと似合わなそうです[/size]



もはやどこの誰だかわからない、こちらの謎のキャラクター。バンダナムコのローカライズ部門では、これまでのクロノアと新しいクロノア(?)、どちらのデザインにすべきか本気で迷っているらしく、ただいまそれぞれのデザインについて、海外のユーザーから直接意見を聞いている模様。ファンの間で既にリンクが貼られてしまっている(現在は突然終了)実際のアンケートをこっそり覗いて見ると、設問ではこのキャラクターならゲームを買いたいか?、このキャラクターだとゲームは難しそうに見えるか?などと、やけに具体的。さらに衣装から耳の形の好き嫌いまで、5段階評価で細かくアンケートを取っています。

どうもこれ、海外ではクロノアのデザインで一番の特徴、ゲーム中もフワフワとワンポイントになっている長い耳が、あまり猫には見えない(そもそも犬のようにも見えますが、モデルは猫みたい)あたりが、こうした問題の一因のようなのですが、今度は海外サイトからコウモリみたいな耳だと呼ばれる始末。さっそく、あちらのクロノアファンによる率直なコメントを拾ってみると……。



笑える外人向けマーケティング



FU*K NO.
今からこんな感じでこいつらにメール送るよ、友達にも頼まないと。お前らも頼む。



パックマンの帽子がないと、こっちでは売れませんよ!



絶. 対. マ. ジ. 勘. 弁



グレートなPS1時代のリメイクにとっても興奮してたんだよ。頼むからブチ壊さないでくれ。




新しいキャラクターも好きだけど、帽子がないのは残念だなぁ。



これ、実はクロノアのオリジナルデザインなんだぜ(※真偽不明)。


みんな、偽クロノアに反対の一票を!クロノアのアメリカ発売に正しい一票を!



確かに猫には見えるけど、クロノアには見えない……




[size=x-small]10年前に発売された初代のKlonoa: Door to Phantomile、海外版ボックスアート[/size]



そもそも海外でクロノアのゲームが出るのは初めてではなく、日本同様みんなが知っている人気ゲームとは言えないものの、やはり10年に渡って既にシリーズが発売されており、さすがに今から主役を変更するのはかなり難しそうです。新しいゲームファンも多いWii用リメイクとはいえ、従来のプレイヤーからは海外でも圧倒的に評判が悪く、さてはて、このまま無事(?)幻に終わってくれるといいのですが。
[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/5071318/klonoa-may-get-poochied-for-american-wii-release]Kotaku: "Klonoa May Get Poochied For American Wii Release"[/url], [url=http://www.nintendowiifanboy.com/2008/10/30/namco-bandai-exploring-possibility-of-localizing-ruining-klonoa/]WiiFanboy[/url])[/size]

 
【関連記事】
ピット君大ピンチ!?噂の『パルテナの鏡』に、ファンもビックリなイメージアートが出現
全然違ウ!海外版カバーアート 『星のカービィシリーズ』大集合
微妙に違ウ!『ラチェット&クランク FUTURE』の主人公ラチェット

世界からも注目…『朧村正』 思わず見とれちゃう美麗な2Dゲームプレイ動画
海外でこっそり登場?『Cave Story』フリーウェアの洞窟物語がWiiウェアになって配信へ
物理演算を利用した2Dパズル『World of Goo』トレイラー&ゲームプレイ映像

あの『パンチアウト』や『罪と罰』の続編も!注目の任天堂カンファレンス新作トレイラー
ロングバージョンも登場!海外版任天堂カンファレンス、話題のWii用新作動画ピックアップ
Wiiの生産量は1.5倍増、いまだ品薄の人気に今年もクリスマスは足りないかも!


本日の一枚 『ついに完成してしまったロックマンの海外版新作パッケージ』
本日の一枚 『あのミッキーとフュージョンしてしまったマリオのフィギュア!』
海外レビューハイスコア 『LittleBigPlanet』


- トップに戻る -




(C) 1997 2008 NBGI. All rights reserved.




 






《Miu》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Horizon Zero Dawn』海外向け新映像、シームレスに体験できるオープンワールドに迫る

    『Horizon Zero Dawn』海外向け新映像、シームレスに体験できるオープンワールドに迫る

  2. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

    『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  3. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

    『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  4. 『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

  5. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

  6. ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる―PTRにも変化が【UPDATE】

  7. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  8. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  9. スイッチのローンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』など追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  10. PS4『Horizon Zero Dawn』の発売日やゲーム内容は?―現時点でわかっていることまとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top