2008*年末企画 『動画で見る、2009年最も期待する海外ゲーム』TOP15 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2008*年末企画 『動画で見る、2009年最も期待する海外ゲーム』TOP15

Game*Spark お知らせ

今年も残すところあと一日、今週は(通常の記事そっちのけで…)2008年を振り返る年末企画をお届けしていますが、なんといってもゲーマーが本当に楽しみなのは、これから発売される新作ゲーム達。お次は『最も期待する海外ゲーム』と題して、2009年に発売される注目の海外タイトル15作品を動画でまとめて一挙にご紹介。

* * * * * * *


[size=x-small]※このランキングは主に2009年発売予定のタイトルを対象にしていますが、発売未定の作品も含め筆者の独断と偏見で気ままに選ばれているのであしからず……。[/size]
[size=x-small]※一部公式の映像が公開されていないタイトルには、関連するユーザー動画などを掲載しています。[/size]

15位: The Conduit


プラットフォーム: Wii
販売/開発元: Sega/High Voltage Software
海外リリース時期: 2009年春
概要: ニンテンドーWiiでかつてないグラフィック表現を可能にするQuantum3エンジンが用いられたSci-Fi FPS。Wiiスピークを使ったマルチプレイモードを搭載、メトロイド+ゴールデンアイのようなゲームプレイが楽しめそう。(Game*Sparkの紹介記事


 


14位: Alan Wake


プラットフォーム: PC、Xbox 360
販売/開発元: Microsoft Game Studios/Remedy Entertainment
海外リリース時期: When it's done
概要: Max Payneなどを手掛けたRemedyが製作するサイコスリラーアドベンチャー。2005年の発表以来、度重なる延期で開発の行方が心配されるも、なんとか2009年中の完成を望みたいところ。(Game*Sparkの紹介記事


 


13位: Resistance Retribution(レジスタンス 〜報復の刻〜)


プラットフォーム: PSP
販売/開発元: SCEA/Sony Bend
国内リリース日: 2009年3月12日
概要: Resistance 2の過去のストーリーが展開するPSP用のスピンオフ作品。サードパーソンビューになった本作は、PS3と連携すればDUALSHOCK3でプレイすることが可能。(Game*Sparkの紹介記事


 


12位: Punch-Out!!


プラットフォーム: Wii
販売/開発元: 任天堂/Next Level Games
海外リリース時期: 2009年春
概要: タイソンの繰り出す一撃ダウンの強烈パンチで当時の子供たちを恐怖させた、ファミコン用ボクシングゲーム パンチアウト。実に10年以上の時を経てWiiで新作が登場することに。マリオストライカーズなどを手掛けたカナダのNext Levelが開発を担当、80年代のオリジナルを強く意識した作風になっている模様。(Game*Sparkの紹介記事


 


11位: Heavy Rain


プラットフォーム: PS3
販売/開発元: SCEE/Quantic Dream
海外リリース時期: 2009年
概要: 最新のテクノロジーを駆使して、リアルな人間描写やインタラクティブ性を追求したダークスリラー。2000ページ分も用意されたというノンリニアな脚本にも注目。(Game*Sparkの紹介記事


 


10位: Halo Wars


プラットフォーム: Xbox 360
販売/開発元: Microsoft Game Studios/Ensemble Studios
国内リリース日: 2009年2月27日
概要: Age of Empiresの生みの親Ensembleが手がける、リアルタイムストラテジー版Halo。スタジオが閉鎖してしまうハプニングがあったものの、2009年もHaloファンを熱くさせるタイトルであることに変わりなし!(Game*Sparkの紹介記事


 


9位: Uncharted 2: Among Thieves


プラットフォーム: PS3
販売/開発元: SCE/Naughty Dog
海外リリース時期: 2009年Q4
概要: VGA 2008で衝撃のトレイラーが公開された人気アクションアドベンチャー第二弾。マルコ・ポーロの失われた船をめぐって、主人公ドレイクが前作よりもさらに壮大で危険な冒険に旅立つ。(Game*Sparkの紹介記事


 


8位: StarCraft II


プラットフォーム: PC
販売/開発元: Blizzard Entertainment
海外リリース時期: 2009年
概要: 世界のオンラインPCゲーマーが待ち望む、約10年ぶりのStarCraft続編。Diablo IIIも実は楽しみなBlizzardのラインナップ、まずは本作のリリースが先に無事実現してほしいところ。(Game*Sparkの紹介記事


 


7位: Prototype


プラットフォーム: PC、PS3、Xbox 360
販売/開発元: Activision/Radical Entertainment
海外リリース時期: 2009年Q1
概要: 寄生や変身能力を持った主人公が、GTAのような広大なマップで大暴れするサンドボックス型アクション。ユニークな特殊能力を使った過激で自由度の高いゲームプレイに期待。(Game*Sparkの紹介記事


 


6位: Halo 3: ODST


プラットフォーム: Xbox 360
販売/開発元: Microsoft Game Studios/Bungie
海外リリース時期: 2009年秋
概要: TGSでHalo 3: Reconとして発表、先日ODSTにタイトルが改名された、Halo 3のスタンドアロン拡張パック。本作の主役を務めるのは、名もないUNSC特殊部隊の兵士。ヒーロー的なマスターチーフが活躍する本編とはかなり雰囲気が異なりそう。(Game*Sparkの紹介記事


 


5位: Killzone 2


プラットフォーム: PS3
販売/開発元: SCE/Guerrilla Games
海外リリース日: 2009年2月27日
概要: E3 2005での衝撃発表からおよそ3年、着々と開発が進められ、遂に発売日が決定したPS3の破壊的超大作。マルチプレイ要素、グラフィック表現、シネマティックなストーリー演出、三拍子揃ったFPSファン卒倒の注目タイトル。(Game*Sparkの紹介記事


 


4位: Grand Theft Auto: Chinatown Wars


プラットフォーム: DS
販売/開発元: Rockstar Games
海外リリース時期: 2009年3月
概要: とうとう任天堂プラットフォームをジャックすることになった、大御所RockstarのGTA最新作。画面がカートゥーン調になったとはいえ、GTA IVに匹敵する巨大なマップが用意された本作、ミッションやミニゲームもたっぷり詰め込まれており、携帯機でGTAの世界にどっぷり浸かることができるはず。(Game*Sparkの紹介記事


 


3位: God of War III


プラットフォーム: PS3
販売/開発元: SCEA
海外リリース時期: 未定
概要: インゲーム映像を使った待望のトレイラーが配信されるも、まだその全貌が明らかになっていない、次世代機初登場のシリーズ最新作。テクスチャー解像度は前作比四倍、シリーズ完結作とも言われ、クレイトスの復讐劇はPS3の命運をかけた最初で最後の戦いになるかも。(Game*Sparkの紹介記事


 


2位: Call of Duty: Modern Warfare 2


プラットフォーム: 未発表
販売/開発元: Activision/Infinity Ward
海外リリース時期: 未定
概要: シリーズ第六作目となるCall of Duty最新作。タイトル名からもわかるように、開発は四作目と同じInfinity Wardが担当。ゲーム内容に関する情報は一切明らかになっていないものの、前作からたった一年で続編が登場するのはミリタリーFPSファンにとってうれしい存在。(Game*Sparkの紹介記事


 


1位: BioShock 2: Sea of Dreams


プラットフォーム: PC、PS3、Xbox 360
販売/開発元: 2K Games/2K Marin
海外リリース時期: 2009年ホリデーシーズン前
概要: 恐しいダディとシスターが数多くの賞をかっさらった超問題作の続編は、PS3版に収録された特典映像から正式タイトル名が明らかに。トレイラーで海から姿を現すRaptureのレプリカは一体何を意味しているのか?前作の過去と未来の両方が描かれるという驚きのストーリーに注目が集まりそう。(Game*Sparkの紹介記事


* * * * * * *


以上、Game*Sparkが選んだ15タイトルをお送りしました。次世代ゲーム環境が登場した2007年から、毎年のように豊作が続いていますが、こうして見ると2009年もビッグな役者が揃ったにぎやかな年になりそう。さらにこれからは、今回取り上げたような大作以外にも、年々勢力を増しているインディーゲームやダウンロード用タイトルの活躍にも期待できそうです。2009年も、皆さんにとって素晴らしいゲームの一年になりますように!

最後の最後に、TOP15からは外れてしまった候補の30タイトル以上を強引におまけでリストアップ。実はまだまだ他にも注目作がいっぱい。興味のある方はクリックで紹介記事をご覧ください。

* MAG: Massive Action Game(PS3)
* Bionic Commando(PC, PS3, Xbox 360)
* inFamous(PS3)
* Batman: Arkham Asylum(PC, PS3, Xbox 360)
* Mafia II(PC, PS3, Xbox 360)
* Borderlands(PC, PS3, Xbox 360)
* Dark Void(PC, PS3, Xbox 360)
* Skate 2(PS3, Xbox 360)
* Ghostbusters: The Video Game(PC, PS3, Xbox 360, Wii, PS2, DS)
* Darksiders: Wrath of War(PS3, Xbox 360)
* Empire: Total War(PC)
* Red Faction: Guerrilla(PC, PS3, Xbox 360)
* F.E.A.R. 2: Project Origin(PC, PS3, Xbox 360)
* Afro Samurai(PS3, Xbox 360)
* Tom Clancy's H.A.W.X(PC, PS3, Xbox 360)
* Damnation(PC, PS3, Xbox 360)
* Aliens: Colonial Marines(PC, PS3, Xbox 360)
* I Am Alive(PS3, Xbox 360)
* The Chronicles of Riddick: Assault on Dark Athena(PC, PS3, Xbox 360)
* DiRT 2(PC, PS3, Xbox 360, Wii, PSP, DS)
* Beyond Good and Evil 2(PS3, Xbox 360)
* RAGE(PC, PS3, Xbox 360)
* Warhammer 40,000: Dawn of War II(PC)
* Dragon Age: Origins(PC)
* Velvet Assassin(PC, Xbox 360)
* Deadly Creatures(Wii)
* Half-Life 2: Episode Three(PC)
* Faith and a .45(PC, PS3, Xbox 360)
* X-Blades(PC, PS3, Xbox 360)
* Kingdom Under Fire: The Crusaders(PC, PS3, Xbox 360)
* RACE Pro(Xbox 360)
* Alpha Protocol(PC, PS3, Xbox 360)

 
【2008*年末企画 記事一覧】
『ゲーム業界、世界のニュース&トレンド』TOP10
『日本で発売されていない偉大な海外ゲーム』TOP10
『酷評、過小評価された愛すべき迷作ゲーム』TOP5
『海外レビューハイスコア』TOP10
『ゲームにまつわる世界のカルチャー事件簿』TOP10
『ムフフなセクシーネタ』TOP10
『世界のゲームなアート』TOP10
『最もおバカな記事』TOP10
『ゲームが関わる事件・事故』TOP10
『本日の一枚』TOP10


- トップに戻る -


《Rio Tani》

Game*Spark アクセスランキング

  1. 『ウォッチドッグス2』げむすぱ放送部特番12月3日放送!専門家の辻伸弘とモデルの佐藤さきが出演

    『ウォッチドッグス2』げむすぱ放送部特番12月3日放送!専門家の辻伸弘とモデルの佐藤さきが出演

  2. 【お知らせ】Game*Sparkが創刊10周年!

    【お知らせ】Game*Sparkが創刊10周年!

  3. 【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

    【PR】『Steamのオープンワールドサバイバルゲーム』 7選

  4. 【フォト】Game*Spark編集部に『Fallout』のヌカコーラが届いた!

  5. 【お知らせ】将棋棋士がカードゲーム真髄学ぶ「しゃどばす塾」10月26日(水)生放送

  6. 【げむすぱ放送部】『シヴィライゼーション VI』金曜夜生放送―リレー形式で第二回目をプレイ!

  7. 【げむすぱ放送部特別企画】『シャドウバース』「風林火山!しゃどばす大戦」第3回開催!

  8. 青木志貴、PS4『INSIDE』に挑戦―「げむチャン」12月1日20時放送

  9. 【告知】ふ~どが本気で「RAGE」に挑む!「しゃどばす塾」10月20日(木)生放送

  10. 【PR】「dゲーム」で最大約2万コイン+キャッシュバックのキャンペーンが開始!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top