“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

モータルコンバットのMidwayが米国内で経営破綻。負債総額は2億4000万ドルに

February 13, 2009(Fri) 15:25 / by Rio Tani



モータルコンバットシリーズで知られる海外メーカーのMidway Gamesが、深刻な経営危機に陥っています。同社は、来週が支払の期日だった1億5000万ドルの負債を返済することができず、米国内で破産法11条による保護を申請しました。

最新作のMortal Kombat vs. DC Universeが約200万本出荷するなど、人気タイトルで健闘をしていたものの、現在総額で2億4000万ドルもの負債を抱えているというMidway。CEOのMatt Booty氏は、今回の破産保護は、債権の圧力を軽減するためのやむをえない決断だったと説明。

同社は今後、米国外での事業を今まで通り続けていく見通し。注目作のWheelmanを含む、これから2〜3か月以内に発売されるゲームにはおそらく影響がないとアナリストは指摘しています。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamespot.com/news/6204585.html?om_act=convert&om_clk=newstop&tag=newstop;title;2]GameSpot: Midway bankrupt[/url])[/size]

【関連記事】
『MK vs. DC Universe』の出荷本数が180万本を突破。新作MKタイトルも既に開発中!
『BattleStations: Pacific』最新トレイラー&スクリーンショット
Midwayの新作シークレットプロジェクトは『Gears of War 2』よりもスゴイ?
海外レビューハイスコア 『Mortal Kombat vs. DC Universe』
1億2000万ドルのオファー!スクウェア・エニックス、Eidos買収に本格着手

- トップに戻る -
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image