『Grand Theft Auto』『バイオハザード』フランチャイズが達成したギネス記録! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Grand Theft Auto』『バイオハザード』フランチャイズが達成したギネス記録!

ニュース 最新ニュース



様々な世界記録を収録したギネスブックのゲーム業界版『Guinness World Records 2009: Gamer's Edition』が現在発売中となっていますが、発行元のギネス・ワールド・レコード社はその中からGrand Theft Autoバイオハザード(Resident Evil)、2つのフランチャイズに関するギネス記録を公表しました。


■Grand Theft Auto
○最も成功した製品の発売
・2008年に4月29日に発売されたGrand Theft Auto IVは、映画『The Dark Knight』の初日興行収入の約5倍にあたる3億1000万ドルを1日で売り上げた。

○最も論争の的となるテレビゲームシリーズ
・現実に起こる犯罪との因果関係に関するニュース記事は4000本以上。Rockstar Gamesは多数の訴訟を起こされ、GTA IVはタイで事実上の発売禁止処分に。

○テレビゲーム史上最大の声優陣
・GTA IVでは174人の俳優を含む合計861人が声優として参加した。

○最も高い開発費
・GTAシリーズのプロデューサーLeslie Benzies氏はGTA IVの開発費が1億ドルに達することをThe Times誌のインタビューで明らかにした。そしてSEGAのシェンムーによって打ち立てられた7000万ドルという記録を更新。

○Grand Theft Autoシリーズ中最も大きな環境
Grand Theft Auto: San Andreasはシリーズ中最も広いエリアを特徴としている。3つの都市に12の町、田園地方などを含む総面積は17平方マイルに達する。

○最も多くのゲームサウンドトラック
・GTA IVは218曲の公認トラックを収録。これによりGTA: San Andreasの156曲という記録を塗り替えた。

■バイオハザード(Resident Evil)
○テレビゲームに基づく実写映画としては初の三部作
ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『バイオハザード』、『バイオハザードII アポカリプス』、『バイオハザードIII』はゲームの映画化としては大きな賞賛を受けた。

○最も興行収入の多かったゲーム公認映画
映画『バイオハザード』は2億7600万ドルという驚異的な興行収入を生み出した。『バイオハザードII アポカリプス』、『バイオハザードIII』もそれぞれ1億4700万ドル、1億2900万ドルの興行収入を稼ぎ出している。

これらの記録を見ると改めてGrand Theft Auto IVの凄さが分かります。また"ゲームの映画化は必ず失敗する"と言うジンクスを打ち破ったバイオハザードにも拍手を送りたいですね。さてこれらの記録が打ち破られる日が来るのか、それもまた楽しみです。

なお記事冒頭で紹介したゲーム業界版ギネスブックには他にも様々な記録が掲載されています。もしこのギネスブックを手に入れたならば、自分のお気に入りのゲームが記録を樹立していないかチェックしてみてはいかがでしょうか。公式サイトでは本の一部を試し読みする事が出来るので興味がある方は是非どうぞ。
(ソース&イメージ: Kotaku)

【関連記事】
開発費もギネス級!『Grand Theft Auto IV』英Times紙がRockstarに潜入インタビュー
海外レビューハイスコア 『Grand Theft Auto IV: The Lost and Damned』
海外レビューハイスコア 『Grand Theft Auto IV』
「バイオハザード5は人種差別的ではない。」専門家が人類学の観点で分析
ギネスにも仲間入り!『Civilization』海外ゲームの父Sid Meier氏に聞く10の質問


《RIKUSYO》

ニュース アクセスランキング

  1. 『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Shadow of War』海外発表!発売は8月

    『シャドウ・オブ・モルドール』続編『Shadow of War』海外発表!発売は8月

  2. 噂: 『バトルフィールド 1』にゾンビモードが登場か―DLC新マップで謎の呻き声

    噂: 『バトルフィールド 1』にゾンビモードが登場か―DLC新マップで謎の呻き声

  3. 噂: 『シャドウ・オブ・モルドール』続編が海外ストアに一時浮上、拡張収録の特別版も

    噂: 『シャドウ・オブ・モルドール』続編が海外ストアに一時浮上、拡張収録の特別版も

  4. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  5. 最恐ホラー『P.T.』が登場から1周年を迎える―意思を受け継ぐ注目作品&パロディ映像紹介

  6. 『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

  7. ゲーマーの敗北か。D3Pおっぱいタッチ新作カウントダウンは100日以上先に

  8. 『オーバーウォッチ』24人目のヒーローは11歳の天才少女?公式ブログにて新情報【UPDATE】

  9. 『FF15』限定特典スピンオフ「A King’s Tale: Final Fantasy XV」海外で無料配信へ

  10. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』特設サイトでゲーム内報酬をGET!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top