“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外アナリスト「家庭用ゲームは現行機が最後の世代になる。」

March 25, 2009(Wed) 16:33 / by Rio Tani

サンフランシスコで催されたGamesBeat 2009 Games Conferenceで、ゲーム業界に詳しい海外のアナリスト達が、この先10年で家庭用ゲームの環境がどのように変わるかを予想、興味深い意見を交わしています。

Wedbush MorganのアナリストMichael Pachter氏は、「家庭用ゲームはこれが最後の世代になると思う」と発言。今後、任天堂がWiiをアップグレードする可能性(おそらくHD対応やストレージ容量の拡張)があるとしながらも、ゲーム開発コストの高騰に悩まされるサードパブリッシャーのサポートを受けるのが難しいなどの理由で、三つのハードメーカーが新しいゲーム機を発売するのを渋るだろうと話しています。Pachter氏は、現行の世代が非常に長く続くと共に、将来的には“スタンダードデリバリープラットフォーム(先日発表されたOnLiveのようなもの?)”が主流になると指摘。

これに対し、Lazard Capital MarketsのアナリストColin Sebastian氏は、家庭用ゲーム機は2012年からもう一世代続くと反論。また、DFC IntelligenceのDavid Cole氏もこの説に賛同、2012年にはPS3がソフトウェアのセールスでトップに立ち、その結果、マイクロソフトと任天堂は新型のゲーム機を発売せざるを得なくなると予想しています。

ソニーの新型ゲーム機が発売されるのは、ライバルよりも少し遅くなると同氏。Pachter氏もこの意見には理解を示しており、「ソニーは収益をあげられるまで現行機を終わらせることはない。私の計算によればそれは2015年になる。」と分析しています。(ソース: 1UP: Pachter: This is the Last Console Generation)

【関連記事】
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
マイクロソフト「Xbox 360の後継機を発売するのはずっと先」
マイクロソフト、Xbox 360 エリートの販売終了を検討中。一部地域で限定販売に?
ソニー、PSNのバーチャルコンソール化を計画。PS one以外の旧作配信も視野に
アナリスト「『God of War III』購入予定者の3分の1はまだPS3を所持していない」
2008年はビデオゲーム市場がDVDとBlu-rayの売上を初めて上回る
MSのAaron Greenberg氏が平井氏に反論「マーケットの現状を無視した自己満足」
ソニー平井一夫氏「Xbox 360の寿命は短い。Wiiは別世界のビジネス」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image