ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外アナリスト「家庭用ゲームは現行機が最後の世代になる。」

PC Windows

サンフランシスコで催されたGamesBeat 2009 Games Conferenceで、ゲーム業界に詳しい海外のアナリスト達が、この先10年で家庭用ゲームの環境がどのように変わるかを予想、興味深い意見を交わしています。

Wedbush MorganのアナリストMichael Pachter氏は、「家庭用ゲームはこれが最後の世代になると思う」と発言。今後、任天堂がWiiをアップグレードする可能性(おそらくHD対応やストレージ容量の拡張)があるとしながらも、ゲーム開発コストの高騰に悩まされるサードパブリッシャーのサポートを受けるのが難しいなどの理由で、三つのハードメーカーが新しいゲーム機を発売するのを渋るだろうと話しています。Pachter氏は、現行の世代が非常に長く続くと共に、将来的には“スタンダードデリバリープラットフォーム(先日発表されたOnLiveのようなもの?)”が主流になると指摘。

これに対し、Lazard Capital MarketsのアナリストColin Sebastian氏は、家庭用ゲーム機は2012年からもう一世代続くと反論。また、DFC IntelligenceのDavid Cole氏もこの説に賛同、2012年にはPS3がソフトウェアのセールスでトップに立ち、その結果、マイクロソフトと任天堂は新型のゲーム機を発売せざるを得なくなると予想しています。

ソニーの新型ゲーム機が発売されるのは、ライバルよりも少し遅くなると同氏。Pachter氏もこの意見には理解を示しており、「ソニーは収益をあげられるまで現行機を終わらせることはない。私の計算によればそれは2015年になる。」と分析しています。(ソース: 1UP: Pachter: This is the Last Console Generation)

【関連記事】
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
マイクロソフト「Xbox 360の後継機を発売するのはずっと先」
マイクロソフト、Xbox 360 エリートの販売終了を検討中。一部地域で限定販売に?
ソニー、PSNのバーチャルコンソール化を計画。PS one以外の旧作配信も視野に
アナリスト「『God of War III』購入予定者の3分の1はまだPS3を所持していない」
2008年はビデオゲーム市場がDVDとBlu-rayの売上を初めて上回る
MSのAaron Greenberg氏が平井氏に反論「マーケットの現状を無視した自己満足」
ソニー平井一夫氏「Xbox 360の寿命は短い。Wiiは別世界のビジネス」
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

    『Starbound』が遂に正式リリース!―5分半に及ぶ壮大なローンチトレイラーも

  2. 冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

    冷戦の名機が飛ぶフライトシム『DCS: F-5E Tiger II』が早期アクセス開始

  3. 子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

    子作りRPG『コンセプションII』8月Steam発売―日本語に対応

  4. RTS最新作『Halo Wars 2』新キャラ解説映像―シネマティックティーザーも

  5. 大量のゾンビに囲まれる!『Death Road to Canada』がSteam配信―犬も銃を撃つ2DアクションRPG

  6. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  7. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  8. 硬派FPS『Escape from Tarkov』最新スクリーン!―CBTのプレイアブルエリアを披露

  9. 旧東側諸国ドライブシム『Jalopy』最新映像!―アップデートでハンガリーへの旅が可能に

  10. 『Evolve Stage 2』に80年代テイストな新ハンター登場―地面に「聖なる槍」を突き刺す!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top