ハードコアゲーマーのためのWebメディア

モンスターやゾンビは登場しない? 『Alan Wake』の新たな詳細が明らかに

PC Windows



なかなか発売(完成)時期が見えてこないAlan Wakeですが、ノルウェーのゲーム情報サイトGamer.noのインタビューによって新たな詳細が明らかとなりました。

リードプログラマーのOskari Hakkinen氏によれば、本作はMax Payneより少ないアクション、Silent Hillより複雑なストーリーを特徴とした"心理的・精神的"なアクションゲームとなるそうです(ストーリーに関しては以前の記事を参照)。

またMax Payneの"バレットタイム"のように、本作では"光"による新機軸を導入したいとHakkinen氏は考えているそうです。その内容については不明ですが、彼は光が戦闘システムの重要な要素となると話しています。

しかしながら本作にはモンスターやゾンビといった敵は登場しないんだとか。主人公のAlan Wakeが戦わなければならないのは彼自身の"悪夢"。プレイヤーには実際にありそうな現実的な物語を体験してもらいたいという狙いがあるようです。

開発を担当するRemedyはそのための環境作りにも力を入れており、本作にはダイナミックな天候効果や昼夜のサイクルシステムを搭載しています。これらの効果は見た目だけでなくゲームプレイに大きな影響を及ぼすのだそうです。

これらも細かい内容は不明ですが、車の取扱いに影響与えたり(雨だとタイヤが滑るなど?)霧によって視界が悪くなったりすると言った効果があるようです。天候による効果はGrand Theft Auto IVで既に実現してしまっているのであまりインパクトは無さそうですが……。

その他、本作はテレビシリーズの様なエピソード形式を採用、それぞれにユニークな内容と手に汗握るような結末が待っているそうです。なおこれらのエピソードはAlone in the Darkよりは良いものになるとの事。

2005年の発表から随分と経過してしまいましたが、本作はその期間を埋めることが出来るほどの内容となっているのでしょうか。開発が順調に進んでいれば6月初めに開催となるE3で何らかの発表も期待できるかもしれませんね。
(ソース: IGN, イメージ: 公式サイト)

(c)Remedy All Rights Reserved.

【関連記事】
『Alan Wake』公式サイトに最新トレイラー&スクリーンショットが掲載
映画版『Max Payne』のプレミアで『Alan Wake』のトレイラーが公開される!?
サイコロジカルアクションスリラー『Alan Wake』今年9月に発売予定
『Alan Wake』美麗スクリーンショット7点

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

    紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

  2. 『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

    『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

  3. 海底SFホラー『SOMA』が45万セールス突破、年末には新プロジェクトも発表か

    海底SFホラー『SOMA』が45万セールス突破、年末には新プロジェクトも発表か

  4. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  5. いよいよSteamに降臨する『Quantum Break』怒涛の新トレイラー公開

  6. e-Sports志向の対戦ACT続編『Battlerite』の早期アクセスが開始

  7. オープンワールドバイク格闘『Road Rage』最新映像―敵をバイクから蹴落とせ

  8. 『シヴィライゼーション VI』要求スペック情報が海外向けに公開

  9. 基本無料WW2FPS『Heroes & Generals』正式ローンチ!ド派手トレイラーも

  10. 週末セール情報ひとまとめ『Fallout 4』『SOMA』『DOOM』『地球防衛軍4.1』他

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top