ハードコアゲーマーのためのWebメディア

モンスターやゾンビは登場しない? 『Alan Wake』の新たな詳細が明らかに

PC Windows



なかなか発売(完成)時期が見えてこないAlan Wakeですが、ノルウェーのゲーム情報サイトGamer.noのインタビューによって新たな詳細が明らかとなりました。

リードプログラマーのOskari Hakkinen氏によれば、本作はMax Payneより少ないアクション、Silent Hillより複雑なストーリーを特徴とした"心理的・精神的"なアクションゲームとなるそうです(ストーリーに関しては以前の記事を参照)。

またMax Payneの"バレットタイム"のように、本作では"光"による新機軸を導入したいとHakkinen氏は考えているそうです。その内容については不明ですが、彼は光が戦闘システムの重要な要素となると話しています。

しかしながら本作にはモンスターやゾンビといった敵は登場しないんだとか。主人公のAlan Wakeが戦わなければならないのは彼自身の"悪夢"。プレイヤーには実際にありそうな現実的な物語を体験してもらいたいという狙いがあるようです。

開発を担当するRemedyはそのための環境作りにも力を入れており、本作にはダイナミックな天候効果や昼夜のサイクルシステムを搭載しています。これらの効果は見た目だけでなくゲームプレイに大きな影響を及ぼすのだそうです。

これらも細かい内容は不明ですが、車の取扱いに影響与えたり(雨だとタイヤが滑るなど?)霧によって視界が悪くなったりすると言った効果があるようです。天候による効果はGrand Theft Auto IVで既に実現してしまっているのであまりインパクトは無さそうですが……。

その他、本作はテレビシリーズの様なエピソード形式を採用、それぞれにユニークな内容と手に汗握るような結末が待っているそうです。なおこれらのエピソードはAlone in the Darkよりは良いものになるとの事。

2005年の発表から随分と経過してしまいましたが、本作はその期間を埋めることが出来るほどの内容となっているのでしょうか。開発が順調に進んでいれば6月初めに開催となるE3で何らかの発表も期待できるかもしれませんね。
(ソース: IGN, イメージ: 公式サイト)

(c)Remedy All Rights Reserved.

【関連記事】
『Alan Wake』公式サイトに最新トレイラー&スクリーンショットが掲載
映画版『Max Payne』のプレミアで『Alan Wake』のトレイラーが公開される!?
サイコロジカルアクションスリラー『Alan Wake』今年9月に発売予定
『Alan Wake』美麗スクリーンショット7点

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?

    Steamトップページの2003年から現在までの変遷!―あなたはいつから使い始めた?

  2. すべてをカスタマイズ可能な3D格闘ゲーム『EF-12』がSteam配信開始!

    すべてをカスタマイズ可能な3D格闘ゲーム『EF-12』がSteam配信開始!

  3. 独自の宇宙ステーションを構築できる新作シム『Stable Orbit』が発表!

    独自の宇宙ステーションを構築できる新作シム『Stable Orbit』が発表!

  4. 『サドンアタック2』サービス中止が決定、韓国での開発・サービス中止に伴う形で

  5. 『Rainbow Six Siege』拡張「Skull Rain」新オペレーター海外映像!尋問シーンも登場

  6. 『マフィア III』復讐を誓った主人公リンカーンを紹介する国内トレイラー

  7. 水中探索ADV『ABZU』序盤13分ゲームプレイ!心洗われる美しい世界

  8. 『Rainbow Six Siege』PCとXbox Oneで週末無料実施が海外発表―名声2倍イベントも

  9. 恐怖の鬼ごっこ対戦ホラー『Dead by Daylight』初週販売27万本突破

  10. クラシカルなWW2FPS『Day of Infamy』が早期アクセス開始!―『Insurgency』開発元の新作

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top