ハードコアゲーマーのためのWebメディア

イスラエル製のリモートコントロール式機関銃『Mini-Typhoon』はゲーマーなら用意に操作可能!?

ゲーム文化 カルチャー



米海軍が数百丁の納入を予定しているイスラエル製のリモートコントロール式機関銃『Mini-Typhoon』。

この兵器は重量約160kg、Day/Night機能を備えたビデオカメラおよびスタビライザーを搭載し、12.7mm弾を25秒間発射可能と非常に強力な機能を備えていますが、テレビゲームの経験を持つ射手であれば通常より早く操作を覚える事が出来るのだそうです。

一体どのような操作方法となっているのかは分かりませんが、マウスとキーボードだったら私でも簡単に操作できそう……流石にそれはないでしょうが(笑)。いずれにせよこういったハイテク兵器は若い兵士に活躍できる場を与えてくれるのかもしれません。

テレビゲーム感覚で簡単に操作できる(しかも安全な場所から)リモートコントロール式の兵器は戦闘被害を抑えるなどの効果が期待できますが、テレビゲーム感覚で人を傷つけてしまわぬよう訓練の際は「これは現実である」と言う事をしっかりと叩き込んで欲しいですね。
(ソース: Strategy Page, イメージ: GamePolitics)


【関連記事】
まるで実写の様な『ARMA 2』ニュース映像風最新トレイラー
米陸軍『America's Army 3』を公式発表。ベータテスターも募集中
米陸軍に入隊するとXbox 360を無料でGETできるチャンスが!?
スーパージェットを開発?アメリカ空軍が40GBのPS3本体を300台オーダー
米軍、Xbox 360のコントローラで操作可能な無人車両を開発

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

    『オーバーウォッチ』の「Nepal」マップはこんな構造だったのか!―エリア外に進入できるグリッチで判明

  2. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

    【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  3. 『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

    『シェンムー3』サブディレクターとしてシリーズ主要スタッフ岡安啓司氏が参加

  4. 映画版『アンチャーテッド』脚本家としてジョー・カーナハン参加、「特攻野郎Aチーム」など製作経験

  5. まさに寝落ち!『オーバーウォッチ』でアナに眠らされ続けてサーバーから強制退場

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. SF青春ADV『ライフ イズ ストレンジ』実写映像シリーズが製作決定

  8. 【特集】今からはじめるMod導入―「Nexus Mod Manager」で『Skyrim』や『Fallout』を遊び尽くす!

  9. ドキュメンタリー「Branching Paths」国内配信開始―日本インディーゲーム界を今を描く

  10. 英雄は悩殺!『オーバーウォッチ』マーシーの天使コスプレ―D.Vaちゃんのごろ寝ショットも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top