新たに4つのマップが追加。『CoD: World at War』のマップパック第3弾が8月配信 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新たに4つのマップが追加。『CoD: World at War』のマップパック第3弾が8月配信

家庭用ゲーム Xbox360



第二次世界大戦を舞台にしたミリタリーFPS、Call of Duty: World at Warのマップパック第3弾が発表されました。本マップパックでは3つのマルチプレイヤーマップと1つのゾンビマップが収録されます。各マップの詳細は以下の通り。

Battery

フィリピンのEl Fraile島に造られた地上要塞が舞台のマップ。狭い場所が多く激しい接近戦が予想される。

Breach

有名なベルリンのブランデンブルク門周辺を舞台としたマップ。曇り空の下、大人数のハイペースな戦いが繰り広げられるだろう。

Revolution

ロシアの大工場周辺を舞台としたマップ。狙撃兵への注意が必要だ。

Der Riese

ナチスの秘密研究所を舞台としたゾンビマップ。武器をアップグレードするPack A Punch Machineや一瞬で別の場所に移動できるテレポーターが設置されている。

配信はXbox 360/PS3版ともに8月の予定。価格は第1弾・第2弾と同じく800MSP/$10です。なおWindows PC版は今までどおりXbox 360/PS3版の配信後、最新パッチと共に無料で公開されると思われます。

史実に沿った現実的なマルチプレイヤーマップとフィクション満載のゾンビマップのコンビネーションは素晴らしいですね。続々と登場するマップパックによりCall of Duty: World at Warは更に面白いものとなりそうです。
(ソース&イメージ: 公式サイト)

(c)2009 Activision Publishing, Inc.

【関連記事】
帝国ゾンビが迫り来る! 『Call of Duty: World at War』新DLCマップ"死の沼"トレイラー
『Call of Duty: World at War』6月配信のマップパック第2弾の最新スクリーンショットが公開
DLCは200万回ダウンロード!『Call of Duty: World at War』の販売本数が1100万本突破
認知度低下を懸念?『Modern Warfare 2』に“Call of Duty”のブランド名が復活
“Call of Duty”のブランドネームを失った『Modern Warfare 2』は認知度が大幅に低下

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

    ニンテンドースイッチの予約は明日から! 気になる「受付開始時刻」や予約可能店舗をチェック

  2. SUDA51氏、『ノーモア★ヒーローズ』関連のツイートをRTしまくる―『シルバー事件』関連のツイートも…

    SUDA51氏、『ノーモア★ヒーローズ』関連のツイートをRTしまくる―『シルバー事件』関連のツイートも…

  3. PS4/XB1版『The Town of Light』は2017年海外リリース―実在した精神病院が舞台のADV

    PS4/XB1版『The Town of Light』は2017年海外リリース―実在した精神病院が舞台のADV

  4. Nintendo Switchのオンラインリージョン仕様が一部明らかに

  5. 戦国死にゲー『仁王』インプレッション―「困難の先にある達成感」

  6. YouTubeの360度動画がPSVRで視聴可能に! PS4向け「YouTube」アプリがアップデート

  7. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  8. 『GRAVITY DAZE 2』重力姫キトゥンがソフマップグラドルとして降臨?

  9. X1/PC版『Ultimate Marvel vs. Capcom 3』の海外配信日が決定!―パッケージ版も

  10. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top