PSP Goのバッテリーは交換不可。その理由とは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PSP Goのバッテリーは交換不可。その理由とは?

携帯ゲーム PSP


これまでのPSPとは違いバッテリーの交換が不可能となったPSP Goですが、SonyのJohn Koller氏がその理由を明らかにしています。

以前にも取り上げたようにPSPは多くの著作権侵害に悩まされているゲームシステムです。中でも特殊なバッテリーを用いてファームウェアを書き換える“パンドラバッテリー”が人気となっており、著作権侵害行為を助長していました。

Koller氏の話によればパンドラバッテリーの動作を防ぐ事自体はPSP-3000のファームウェアでも成功しているとの事ですが、そのプロテクトを更に強固なものにするためPSP Goではバッテリーの交換が不可能となっているのだそうです。つまりソフトウェアとハードウェアによるダブルブロックですね。

ただバッテリーの交換が不可能というのは著作権侵害対策に大きな効果がある一方、消耗して弱ったバッテリーをユーザーが交換できないという問題があります。

バッテリー交換をする度、Sonyに本体を送るのは金銭的にも時間的にも厳しいのでは……。他にも「充電が切れたら予備バッテリーに交換」という事が出来ないのも、電源が確保できない場所では辛いですね。
(ソース: PlayStation Insider)


【関連記事】
PSP Goのバッテリー持続時間は現行機と同じ。およそ3〜6時間に
E3 09: PSP go「パール・ホワイト」本体のオフィシャルショットが公開
E3 09: カラーバリエーションは2色!PSP goのスペックや詳細が発表
E3 09: ソニー、噂の新型機『PSP Go』を正式発表。国内で11月1日発売、価格は26800円
PSPが好調なセールスに並行して、深刻な著作権侵害にさらされている。

- トップに戻る -

《RIKUSYO》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 本当に存在した… 『Halo DS』 幻のゲームプレイ動画

    本当に存在した… 『Halo DS』 幻のゲームプレイ動画

  2. 日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

    日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

  3. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

    【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  4. ニンテンドーDS版『GRID』のトラックエディタートレイラー!

  5. スペースシップローグライク『FTL』のPS Vita版は現時点で予定なし、開発者がTwitter上にて報告

  6. 欧州でPSP goの新たな施策、10本のゲームを無料ダウンロード

  7. 「PS Vita TV 専用モニタ一体型コントローラ」9月17日発売決定!7インチで最大5時間の連続プレイが可能

  8. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  9. 海外レビューハイスコア 『ゼルダの伝説 大地の汽笛』

  10. 女の子に刺青を彫り、抗争で23区を制覇せよ!尖ったSLG『刺青の国』プレイレポ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top