PS3『Heavy Rain』はシェンムーではない、“次世代QTE”を採用 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS3『Heavy Rain』はシェンムーではない、“次世代QTE”を採用

家庭用ゲーム PS3


日本での発売も決定したPS3専用タイトルのHeavy Rain(ヘビーレイン)。ユニークな操作方法を採用している本作ですが、そのひとつにQTE(Quick Time Event)があります。一定時間内に指定されたボタンを押してプレイヤーを動かす操作方法で、カットシーンにおけるプレイヤーの介入方法のひとつとして定着。ドリームキャストで発売された『シェンムー』などが代表的です。

Heavy Rainの開発を手がけるQuantic Dreamsは、一部にあるQTE批判について、以下のようにコメントしています。

Heavy RainのQTEはシェンムーとは全くの別物(シェンムーが偉大なゲームなのは確かだが)です。QTEで失敗することもあるでしょうが、それでキャラクターが死ぬということを必ずしも意味しません。ストーリーはそれに構わず進展します。私はこれを“次世代のQTEシステム”と考えているのです。それはパワフルなシステムであり、他のゲームができないような様々なアクションを可能にするでしょう。

Heavy Rainは完全にリアルタイム3Dで、プレイヤーは探索、会話などのために常にキャラクターを操作できます。QTEはゲーム中、比較的小さなパートです。映像中のすべての動きはプレイヤーが実際に操作するものであり、Heavy Rainは、最高にインタラクティブなゲームなのです。


映像中に△ボタンのアイコン表示、オブジェクトと一緒に落ちてくる


歩行に合わせて×→○→△と表示、足音を回避する


Heavy Rainでは、アニメーション中に様々な方法でアイコンが表示されます。一般的なQTEのように瞬発力を要求されるものは比較的少ない様子。アイコン表示のひとつひとつが、アドベンチャーゲームにおける選択肢の役割ともいえます。4人のキャラクターを操作できる本作では、ひとりが死んでも他の3人のキャラクターで物語を進行させることが可能であるため、選択肢は膨大なものになりそう。プレイヤーは試行錯誤を可能にする多数のセーブスロットを駆使しながら、物語を終幕に導いて行くことになります。

Heavy Rainは、PS3専用タイトルとして2010年に発売予定です。(ソース: CVG, 1UP)


【関連記事】




《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオ7』序盤ストーリーダイジェスト公開―DLC「Not A Hero」の2017年春無料配信も決定!

    『バイオ7』序盤ストーリーダイジェスト公開―DLC「Not A Hero」の2017年春無料配信も決定!

  2. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

    生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  3. ニンテンドースイッチ版『Borderlands 3』の可能性は低い―GearboxCEO談

    ニンテンドースイッチ版『Borderlands 3』の可能性は低い―GearboxCEO談

  4. PlayStation UK、Twitterアカウントの重力が反転!『GRAVITY DAZE 2』らしさ満点のプロモーションに

  5. フィル・スペンサーらMS担当者が「ニンテンドースイッチ」にコメント

  6. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  7. 『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

  8. Nintendo Switch『スプラトゥーン2』をプレイ!イカしたバトルはさらに進化

  9. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

  10. PS4新作オープンワールド『Days Gone』の発売日やゲーム内容は?現時点の情報まとめ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top