ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

オランダの大型小売店がPSP Goにボイコット。店頭での販売を見合わす

September 17, 2009(Thu) 12:04 / by Rio Tani

オランダで最も大きい小売店のNedgameがPSP Goにボイコットを訴え、店頭で販売しない姿勢を明らかにしました。

同店の関係者がEurogamer Hollandに説明した内容によれば、問題とされているのはPSP-3000よりも80ユーロ高い250ユーロという価格設定で、PSP Goの小さくなったスクリーンサイズを例に取って、値段に見合わないと指摘する声も。

また、UMDドライブがなくなってソフトがダウンロード専用になる仕様も理由としてあげられており、ソフト販売の利益が得られなくなる、買取や交換といったサービスができなくなる、といった心配もやはりあるようです。

ダウンロード専用ソフトの扱いについては、小売店でPSNカードの販売を強化するという話もありましたが、ヨーロッパではNedgameのようにボイコットの動きを見せる店舗が他にも出始めているということです。(ソース: Eurogamer: Biggest Dutch retailer boycotts PSPgo )


【関連記事】
PSP Goのバッテリーは交換不可。その理由とは?
UK小売店 「PSP Goを入荷する理由がまったく見当たらない」
噂: UMDドライブを搭載した新バージョンのPSP-4000が開発中
PSPのダウンロードサービスMinis、成功作は“UMD”で販路拡大も
PSP Goのバッテリー持続時間は現行機と同じ。およそ3〜6時間に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image