“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外レビューハイスコア 『鉄拳6』

October 31, 2009(Sat) 23:49 / by Round.D



Official Xbox Magazine UK: 9/10

ジャイアントパンダからベアナックルがインスパイアされた乱闘まで、鉄拳6はこれまで発売された格闘ゲームの中で、最も完成されたタイトルだ。

IGN: 8.8/10

鉄拳6は壮大なプレイキャラクター数、洗練されたゲームプレイ、多くのモード、オンラインマルチプレイヤーと馬鹿げた量のキャラクターカスタマイズオプション等、多くの要素を提供している。

Game Informer: 8.8/10

コントロールやコンボは信じられないほどにしっかりしており、パッケージ全体から魅力が溢れ出している。パッとしないシナリオキャンペーンにも関わらず、それでもまだ格闘ゲームファンにとって鉄拳6は確かな買い物だ。

GameSpot: 8.5/10

長所:対戦が楽しく、速い、そして堅固。素晴らしいトレーニングオプション。沢山のキャラクター。豊富なカスタマイズオプション。徹底したシナリオキャンペーンモード
短所:オフラインでシナリオキャンペーンモードは二人では遊べない。長いロード時間。オンラインが不完全。

1UP: 8.3/10

現在の所、オンラインという物を真剣に受け止めるにはあまりにも一貫性が無いのだ。オンラインプレイのクオリティが無い故に、鉄拳コミュニティはコミュニティによる成長の可能性を制限し、対戦をオフラインで行わなければならないだろう。バンダイナムコがなおざりにした小さな点が全体的な体験に傷を付けている。鉄拳6は素晴らしいのだが、より良いネットコードがあれば特出していたはずだ。


* * * * *

海外では10月27日に発売され、国内でも29日に発売となった人気3D対戦型格闘ゲーム鉄拳6のハイスコアです。ゲームセンターでも好評稼動中の本作がコンシューマー向けに多数の要素を追加し移植され、ゲーム性に関してはこれまでのシリーズ同様高く評価されるも、オンラインに関しては若干の問題があるとの指摘も上がっています。


今回はマルチプラットフォームで発売となりましたが、どちらの機種共にロード時間が長い事をIGNは指摘しており、インストールでのプレイを推奨しています。今回より導入されたステージクリア型3Dアクションゲーム“シナリオキャンペーンモード”は、海外サイトから賛否両論を呼ぶ結果に。このモードは現状ではオンラインプレイには未対応で、後に協力プレイが可能となる無料パッチが配信される予定となっています。細かな点で指摘はあるもハイスコアとなった本作は、シリーズ経験者は勿論の事、未経験者でも豊富なキャラクターやカスタマイズ、そしてシナリオキャンペーンモード等から、この秋一押しの一本となっているのではないでしょうか。(ソース: Metacritic, イメージ: Strategyinformer)
(C)1995-2009 NBGI
【関連記事】
Tシャツやベースボールキャップ 『鉄拳6』UKでは6店舗で異なる予約特典を用意
家庭用『鉄拳6』は10月27日に海外先行リリース、専用スティックのバンドルも発表
「キャラクターのアンロックは時代遅れ」『鉄拳6』は最初から全キャラが使用可能
海外レビューハイスコア 『DJ Hero』
海外レビューハイスコア 『Pro Evolution Soccer 2010(ウイニングイレブン2010)』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image