“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

アナリスト「レビューの平均点がゲーム購入に及ぼす影響は最も少ない」

November 26, 2009(Thu) 13:31 / by Rio Tani

ゲーム業界のニュースでも度々話題に上るレビューのスコアですが、海外のアナリストは、レビューの点数がユーザーに与える影響は少ないと分析しました。

Cowen GroupのアナリストDoug Creutz氏が実施した調査結果によると、ユーザーがゲームを購入する際の決め手となる8つの要素の中で、“平均レビュースコア”の重要性は、“口コミ”“価格”といった他の要素に比べ最も低い数値だったそうです。

Creutz氏は、Metacriticの点数がゲームの品質や口コミと相関し、時にセールスに影響を与えることもあると信じつつも、直接的にゲームの成功に結びつくことはないと指摘。

調査結果では“ジャンル”がゲーム購入の最も重要な要素として挙げられた他、“価格”“前作のプレイ経験”“口コミ”“広告・宣伝”といった要素が順番に選ばれています。(ソース: Gamasutra: Analyst: Review Scores Least Important Factor For Game Purchases)


【関連記事】
史上11番目 『ベヨネッタ』が海外誌EDGEのレビューで満点を獲得
Ubisoft、ドイツのゲーム雑誌に『Assassins Creed 2』の高得点レビューを要求?
独占タイトルが有利?アナリストが『Prototype』と『inFamous』の売上データを分析
海外アナリスト「37%のWii用ゲームはレビューされていない」
『Dead Space Extraction』の初週売上は9,000本。アナリストはEAの宣伝不足を指摘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image