ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Gamasutraが選ぶ「2009年 見過ごされたゲームTOP10」

PC Windows


デベロッパー向けのゲームサイトとして独自の位置を占めるGamasutraが「2009年 見過ごされたゲーム TOP10」と題し、良作でありながらもセールスや世間の認知に結びつかなかったゲームを紹介しています。

多くのTOP10が、プロモーションやセールスに恵まれた大手のパブリッシャー作品で占められる中、向こうではマイナーといえる“欧米から見て海外パブリッシャー/デベロッパー”の作品が多く含まれているのが特徴です。また冒頭では「Demon's Soulsが(少なくとも業界内で)ゲーム・オブ・ザ・イヤーのひとつとして議論される世界を、誰が想像したでしょうか?」と言及し、大手でなくプロモーションも控えめながら、高い評価を獲得した作品として日本産のRPGを挙げています。

10. UniWar (Javaground - iPhone)
これは私の大好きな今年のiPhoneゲームのひとつ。驚きはありませんでしたが、携帯機で見つけるのが本当に困難だった、ソリッドなタクティクス体験を提供してくれました。


9. House of the Dead: Overkill (Headstrong Games/Sega - Wii)
溢れ出る映画への愛とクラシックなガンシューティングの婚姻は、多くの人にとっては手に負えるものではありませんでした。しかし私はライトなガンシューティングの復活を歓迎しました。ハードコアなWiiユーザーが、このオールドスタイルのガンシューティングを見つけられないのは残念なことです。


8. Raiden Fighters Aces (Seibu Kaihatsu/Gulti/Valcon – Xbox 360)
アーケードの楽しさを完全に再現してくれたRFAで、私は再びスコアアタックとの恋に落ちました。ビッグな爆発、どっしりしたグラフィック、レスポンスの良い操作性。シューティングに望むベストがここにあります。もっとプレイされるべき価値があります、特に西側では。


7. Alive4Ever (Meridian - iPhone)
iPhoneで多くあるSmash TVライクなシューティングゲームのひとつに過ぎず、容易く見逃されてしまいます。しかしレスポンスの良い操作性、バラエティにとんだミッション、様々な武器・アクセサリー・特性など楽しみにあふれており、全てのプレイヤーに“もう一回だけ”と言わせるゲームです。


6. The King of Fighters 98 Ultimate Match (SNK Playmore – Xbox Live Arcade)
格闘ゲームは始めからニッチです。SNKは多くのKOFをリリースしてきましたが、ハードコアの中でもさらにコアなユーザーしかついてこれませんでした。しかしKOF 98UMは、これまでのKOFで最もポピュラーな作品の再調整版です。もしあなたが格闘ゲームが好きで、KOFとはいったい何だったのか知りたければ、このゲームから始めるべきでしょう。


5. Silent Hill: Shattered Memories (Climax/Konami – Wii)
これはサバイバルホラーのファンよりも、アドベンチャーのファンにとって価値のある作品です。ファンも批評家も過去の遺産との比較で、このゲームの価値を低く見積もるでしょう。しかし、もしあなたが恐怖の不足を見逃せるなら、きっと素敵なゲーム体験を手に入れられるでしょう。


4. Kenka Bancho: Badass Rumble/喧嘩番長3 全国制覇 (Spike/Atlus – PSP)
その品質の高さにも関わらず、ほとんど誰もプレイしないゲームの好例です。おバカなユーモア、楽しいアクション、そしてこのゲームのB級テイストは、友人に賞賛の声を挙げさせるでしょう。多くの人にちょっとやってみよう、と思わせる価格であったならば、ですが。


3. Little King's Story/王様物語 (Cing/Marvelous/XSEED – Wii)
圧倒的なレビュアーの支持にもかかわらず、なぜ一般に受け入れられなかったのか。マーベラスは自身のブランド力の不足を嘆きました。開発者はゲームが洗練されたユーザーにとって子供っぽすぎることを危惧しました。ジャーナリストたちはこの怪しいゲームを無料で手に入れ魅了されましたが、一般の人々の財布は閉じたままでした。これは残念なことです。なぜなら、あらゆるWiiのサードパーティが、カジュアルゲーマーを喜ばせながらもコアユーザーへフィットするゲームをつくろうとしており、それを達成したのがこの作品だからです。


2. Saboteur (Pandemic/EA – 360/PS3/PC)
このリストにEAのゲームがあるのは確かに奇妙な感じがします。ただ聞いて下さい、これはPandemicの最後の作品であり、個人的には彼らのベストゲームです。ゲームのトーンがよりシリアスでありさえすれば、言うことはありませんでしたが、良いゲームであるのは確かです。しかし作品に値する認知もマーケティング予算もありませんでした。ひいき目に見ても完璧ではありませんが、その品質からいえば明らかに見落とされ過ぎです。


1. Cryostasis (Action Forms Ltd./Aspyr/505 Games/Zoo Corp. – PC)
もしこれがコンソールで発売されていたら、ゲーム・オブ・ザ・イヤーの候補になることに疑いの余地はありません。しかし奇妙なことに、ゲームジャーナリストの多くはPCゲームを無視しがちです。実際、このゲームは作品に値する認知を受けませんでした。このゲームの主要なギミックは、死んだ人間の記憶にダイブする能力です。あなたはそれらのキャラクターたちの死を回避することができるのです。
(ソース: Gamasutra)


(c)2008 1C Company. Developed by Action Forms ltd. All rights reserved.

【関連記事】




《Kako》

PC アクセスランキング

  1. デル、「Alienware」新製品3機種を国内発表―「Aurora」や有機EL「13」を展示

    デル、「Alienware」新製品3機種を国内発表―「Aurora」や有機EL「13」を展示

  2. PC版『オーバーウォッチ』アップデートで新ヒーロー“アナ”強化、“マクリー”も一部修正

    PC版『オーバーウォッチ』アップデートで新ヒーロー“アナ”強化、“マクリー”も一部修正

  3. 水彩画のような不思議な世界を散策する『Sacramento』が配信―静かなひとときを体験

    水彩画のような不思議な世界を散策する『Sacramento』が配信―静かなひとときを体験

  4. ローグライクADV『We Happy Few』早期アクセス開始!薬まみれの街を生き抜け

  5. 吟遊詩人ネズミの幻想アクションRPG『Ghost of a Tale』Steam早期アクセス開始

  6. 『Heroes Of The Storm』に更なる『オーバーウォッチ』ヒーロー追加が検討中

  7. 『ハースストーン』Twitch特別配信が近日放送、新アドベンチャー到来か

  8. 『リーグ・オブ・レジェンド』「即時評価システム」始動―最大ペナルティは永久BAN

  9. 殺人鬼vs若者の非対称ホラー『Dead by Daylight』発売日決定!―最新映像も

  10. ちょっとグロテスクな物理演算車両アクション『Guts and Glory』―ママチャリで死のトラップに立ち向かう!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top