ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

“ケイブシュー”が初の家庭用ローカライズ、Aksysより『デススマイルズ』北米で発売決定

January 19, 2010(Tue) 05:31 / by Kako

“ケイブシュー”として知られるケイブのシューティング作品が、家庭用で初めて海外ローカライズされます。数日前に北米でのデススマイルズ(Deathsmiles)発売が判明、今回パブリッシャーが、ブレイブルー、ギルティギア2、アガレスト戦記などのローカライズをつとめてきたAksys Gamesであることが明らかになりました。

いわゆる「弾幕系シューティング」は、海外では“バレット・ヘル”“マニアック・シューター”といった呼ばれ方をされ、ちょっとした畏怖の対象として知られています。これまでにもケイブシューは、怒首領蜂、エスプレイド、プロギアの嵐など数作がアーケードで海外リリースされており、コアなシューター中心に支持を集めています。デススマイルズを弾幕系とするかははっきりしていないようですが、ともかく家庭用への移植で、このジャンルの認知が高まるのは間違いなさそうです。(ソース: Siliconera)


【関連記事】




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image