Wiiの違法コピー流出、オーストラリアの男性に130万ドルの賠償命令 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Wiiの違法コピー流出、オーストラリアの男性に130万ドルの賠償命令

家庭用ゲーム Wii

New スーパーマリオブラザーズ Wiiの違法コピーを発売前にインターネット上にアップロードしたとして、オーストラリアの男性が、任天堂に対し150万豪ドル(約1億1700万円)の賠償金支払いを命じられたそうです。

地元メディアの報道によると、James Burt(24)は、2009年11月、小売店が誤ってリリース前に店頭に並べていたNew スーパーマリオブラザーズ Wiiを購入すると、著作権法を無視してゲームを改造し、インターネット上にデータをアップロード。任天堂は、この行為により数千本規模のセールス損失被害を受けたと主張しています。

通常、オーストラリアでは日本や欧米よりもゲームのリリースが遅れるケースが多いそうですが、New スーパーマリオブラザーズ Wiiは例外的に同国で最も早く発売されたため、被害の拡大につながった恐れもあるようです。

任天堂オーストラリアのディレクターRose Lappin氏は今回の事件について以下のようにコメント。
“これはオーストラリアだけの問題ではなく、世界的な問題です。ネット上では何千、何万ものゲームがダウンロードされており、業界にとって本当に大きな負担になっています。ひとたびインターネットにアップロードされてしまえば、それは誰のものにでもなるのです。”

任天堂は、ネット上でゲームが流出しているのを発見した際、専門家を使って犯人を特定したとのこと。今後も違法コピーを厳しく取り締まっていく姿勢を示しています。(ソース: The Age: Gamer to pay Nintendo $1.3 mln for illegal upload )


【関連記事】
「不当な利益を得ている」マイクロソフトポイントを巡り米国で集団訴訟
Ubisoftが違法コピー対策の新DRMを導入、ゲームは常時オンライン環境が必須に
マイクロソフト、違法に改造された360本体をXbox LIVEから一斉に追放
「PSPの違法行為はもう許さん!(本体が売れても)」…SCEEのボスが重い口を開く
ゲーム機の改造代行で大学生が逮捕。長期禁固刑の可能性も
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FF15』13章に新要素追加する3月アップデート海外トレイラー!

    『FF15』13章に新要素追加する3月アップデート海外トレイラー!

  2. 【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

    【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

  3. E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

    E3 2017では「スイッチ」「3DS」の新作展示へ―米任天堂レジー社長

  4. レゴでも「待たせたな」!『LEGOワールド』で再現の『MGS』海外映像

  5. 『レインボーシックス シージ』目指すオペレーター数は最低50名以上!海外インタビューで明らかに

  6. 『DARK SOULS III』DLC第2弾「THE RINGED CITY」3月28日配信!本編+DLCのオールインバージョンも発売決定

  7. 爽快アクションFPS『Bulletstorm』リマスター版ローンチトレイラー!

  8. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  9. 『FFXV』DLC「エピソード グラディオラス」のPVが公開―あの“剣聖”と対決…?

  10. 「ニンテンドースイッチ」3月3日発売! 価格は29,980円

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top