ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂、振動機能を採用した携帯ゲーム機の特許を更新

携帯ゲーム DS

任天堂が先月更新していた特許の内容から、同社が振動機能を持つ携帯型ゲーム機を開発していることが分かりました。

米国特許商標局のサイトに記載された資料によると、このデバイスはLCDタッチスクリーンを採用しており、スティックなどで画面上をタッチすることで振動が発生。例えばアクションゲームで、遠くにいる敵をタッチして倒した場合は僅かに振動するのみで、近くにいる敵を倒した場合は強い振動が発生するそうです。

この技術がいつどのような形で製品化されるか今は知るすべがありませんが、やはり先日から噂される新型ニンテンドーDS(DS2)での採用を信じる見方が強まっています。3月のGDC 2010、あるいは6月のE3 2010で何らかの発表を期待できるでしょうか。

尚、新型DSに関しては、傾きセンサーを搭載するという別の噂もネット上で報じられていました。(ソース: Eurogamer)


【関連記事】
噂: 任天堂が新型DSの開発キットを複数スタジオに配布
ニンテンドーDS2が8ヶ月以内に発表、発売は2011年−アナリストが予想
ニンテンドーDSi LLとは別の新型携帯ゲーム機が2010年に登場?
ニンテンドーDS2が8ヶ月以内に発表、発売は2011年−アナリストが予想
噂: Nvidiaの新型チップを採用した次世代ニンテンドーDSが開発中
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

    PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  2. 【E3 2015】なにかと話題の『メトロイドプライム ブラスト・ボール』はオモロイドだった!

    【E3 2015】なにかと話題の『メトロイドプライム ブラスト・ボール』はオモロイドだった!

  3. DS『火吹山の魔法使い』最新ショット公開。ゲームブックのiPhone移植も計画中

    DS『火吹山の魔法使い』最新ショット公開。ゲームブックのiPhone移植も計画中

  4. ソニック3DS最新作『Sonic Boom: Fire & Ice』海外で2016年に延期へ

  5. 開発中止のPSP版『オブリビオン』映像がネット上に一時出現

  6. 米任天堂、「2DS」の北米価格をさらに値下げ―79.99ドル

  7. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  8. 海外レビューハイスコア『ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D』

  9. 今からはじめる『デススピ』―新章突入のPS Vita基本無料オンラインゲームを解説!

  10. SCEJA発表: PS Vitaのメモリーカード、9月10日より全種値下げ - 64GBも10月10日発売決定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top