『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当

携帯ゲーム DS

本日開催された任天堂のメディアサミットで、DSのドラゴンクエストIXが、北米ではスクウェア・エニックスではなく、任天堂がパブリッシャーとなって発売されることが明らかになりました。これは両者の“特別なパートナーシップ”によるものと説明されています。

かつて“Dragon Warrior”として、日本から約3年後に発売になった第一作目では、任天堂から発売されたこともありましたが、それ以外は海外でもエニックス(スクウェア・エニックス)から発売になっています。

本作の正式名称は“Dragon Quest IX: Sentinels of the Starry Skies”となるようです。なお発売日についてははっきりせず、現時点では2010年夏発売予定となっています。(ソース: G4TV: Nintendo (Not Square Enix) Publishing Dragon Quest IX Over Here)


【関連記事】



《Kako》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 日本語ボイス化する完全版『Skullgirls 2nd Encore』海外ローンチトレイラー!

    日本語ボイス化する完全版『Skullgirls 2nd Encore』海外ローンチトレイラー!

  2. マイト&マジックがDSに登場!Ubisoft、『Might & Magic Clash of Heroes』を発表

    マイト&マジックがDSに登場!Ubisoft、『Might & Magic Clash of Heroes』を発表

  3. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

    5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  4. PSP Goのバッテリーは交換不可。その理由とは?

  5. 任天堂、3DS後継機を検討中

  6. 『東京新世録 オペレーションアビス』ストーリー&OPムービーが公開、キャラクターの追加公開も

  7. 日本語版も決定!『SteamWorld Heist』3DS版が海外12月配信へ

  8. 岩田社長: ニンテンドー3DSの3D機能は簡単に無効化できる

  9. 『クロックタワー』の魂を受け継ぐ新作『NightCry』、清水崇監督の実写ティーザー披露

  10. 【E3 2015】なにかと話題の『メトロイドプライム ブラスト・ボール』はオモロイドだった!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top