ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラゴンクエストIX』 北米では任天堂がパブリッシャーを担当

携帯ゲーム DS

本日開催された任天堂のメディアサミットで、DSのドラゴンクエストIXが、北米ではスクウェア・エニックスではなく、任天堂がパブリッシャーとなって発売されることが明らかになりました。これは両者の“特別なパートナーシップ”によるものと説明されています。

かつて“Dragon Warrior”として、日本から約3年後に発売になった第一作目では、任天堂から発売されたこともありましたが、それ以外は海外でもエニックス(スクウェア・エニックス)から発売になっています。

本作の正式名称は“Dragon Quest IX: Sentinels of the Starry Skies”となるようです。なお発売日についてははっきりせず、現時点では2010年夏発売予定となっています。(ソース: G4TV: Nintendo (Not Square Enix) Publishing Dragon Quest IX Over Here)


【関連記事】



《Kako》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 堀井雄二氏: 海外レビュアーはターンベースRPGに対し否定的

    堀井雄二氏: 海外レビュアーはターンベースRPGに対し否定的

  2. 3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

    3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

  3. タッチペンで命が宿る…お絵かきアクション『Drawn to Life』ゲームプレイ動画

    タッチペンで命が宿る…お絵かきアクション『Drawn to Life』ゲームプレイ動画

  4. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  5. 5年の歳月を費やした超大作…?自作ゲームの発売を求め、任天堂に決死の自宅ストライキ

  6. 開発中止のPSP版『オブリビオン』映像がネット上に一時出現

  7. ポケステがVitaで復活『PocketStation for PlayStation Vita』PS Plusで先行配信開始―『どこでもいっしょ』『こねこもいっしょ』も12月3日配信

  8. 「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

  9. ニンテンドー3DS『DEAD OR ALIVE Dimensions』の国内公式サイト正式オープン

  10. PS Vita新色「ブルー/ブラック」「レッド/ブラック」がお買い得な「PlayStation Vita Super Value Pack」として数量限定で7月発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top