ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Dead or Alive Paradise』の海外プロモ映像がちょっとヤバイ

March 30, 2010(Tue) 18:44 / by Rio Tani



いよいよ今週発売を迎えるテクモのDEAD OR ALIVE Paradise。同時リリースとなる海外では、何やらあやしいプロモーショントレイラーが配信されていました。

これらのトレイラーにはゲーム画面は一切挿入されず、退屈そうにお猿のぬいぐるみを叩く男性や、冷蔵庫から取り出した生肉を叩く男性、そして一つ目頭のモンスターとレスリングで対決する男性の姿を映し、唐突にゲームのロゴが表示されるという一見すると意味不明な内容。





実は英語のスラングで、「猿を殴る(spank monkey)」「肉を叩く(beat meat)」はマスターベーション、「一つ目(one eye)」は男性器のメタファー(隠喩)として知られており、キワドイ水着姿の女の子とバカンスを楽しむゲームの魅力を、回りくどい方法で宣伝したものだったみたいです。

果たしてこれらの映像に宣伝効果があったかどうか気になるところですが、ゲームは4月2日に発売されます。


【関連記事】
メキシコにおけるPlayStation 3の広告がちょっとヤバイ
ハリウッド映画版『The King of Fighters』の八神庵がちょっとヤバイ
チリにおけるPlayStation 3の広告がちょっとヤバイ
テクモ: 『Dead or Alive Paradise』はソフトコアポルノではない
『Dead or Alive Paradise』のレーティング概要に不適切な記述、ESRBが謝罪へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image