“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『CoD: Black Ops』がドイツで規制の対象に、Steam認証により他国版がプレイ不可へ

October 30, 2010(Sat) 23:29 / by Round.D

北米で11月9日に発売を控え、GameStopでは既に予約数がModern Warfare 2を追い越しているCall of Duty: Black Ops

ドイツのゲームサイトPC Games.deが伝える情報によれば、ドイツではCoD: Black Opsに表現規制が行われる他、Steamの認証によりオーストラリア版を除く他国版(北米/欧州)のプレイが規制される模様です。これはダウンロード版のみならず、パッケージ版もその対象となるとのこと。

その規制内容に関しては明らかではありませんが、ドイツのゲーム検問の基準が更に厳しさを増したとの見方もあるようです。尚、PS3とXbox 360が発売予定の国内版に関しては、海外版との仕様の違いをスクウェアエニックスが公表しています。(ソース: Joystiq)

【関連記事】
『Call of Duty: Black Ops』日本版の海外版との仕様の違いが明らかに
『CoD: Black Ops』の予約数が『Modern Warfare 2』を追い抜く−GameStop調べ
Activision、『Call of Duty: Black Ops』の3D立体視対応を発表
『Call of Duty: Black Ops』豊富なカスタマイズ機能紹介トレイラー
ネタバレ注意!『Call of Duty: Black Ops』のトロフィー/実績リストがリーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image