ピーター・モリニュー: もし『ICO』のような作品を作ったら喜んで死ぬ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ピーター・モリニュー: もし『ICO』のような作品を作ったら喜んで死ぬ

家庭用ゲーム PlayStation 2

最新作Fable IIIが無事発売を迎え、次回作の話題もそろそろ聞こえてきそうなPeter Molyneux氏ですが、現役で活躍するトップゲームクリエイター達に最も影響を受けたゲームの名前を一本挙げてもらうEurogamerの企画記事に登場、上田文人氏のデザインしたPS2の名作ICOをチョイスし、以下のようなコメントで絶賛しています。

“あの作品をもう一度見てみれば分かるでしょう。画面上には目立ったキャラクターが存在せず、ストーリーは言語を一切用いることなく見事な手法で語られます。それは信じられないほど象徴的で、これまでで最も神秘的かつ魅力的な舞台の一つを持ち、手をつなぐゲームプレイ要素は素晴らしい。

具体的な悪役が登場せず悪者が終盤にしか現れないこと、謎自体がゲーム要素の一部であること、パワーアップの類が存在しないことなどを考えると、本作はテレビゲームのあらゆるルールを破っていることが分かります。

もしICOのような作品を作ったら私は喜んで死ぬでしょう”

過去にPeter Molyneux氏は、Fable IIIで採用された「タッチ要素」が、ICOにインスパイアされたものであることを明らかにしていました。

ICOがPS2で発売されてから実に10年近くが経過していますが、今年の東京ゲームショウではワンダと巨像と共にPS3向けHDリメイク版の発売が決定しています。

尚、ソースとなったEurogamerの記事では、Molyneux氏の他にも、『Braid』のJonathan Blow氏、Ninja TheoryのTameem Antoniades氏、『塊魂』の高橋慶太氏、BioWareのRay Muzyka氏といった著名なクリエイターが最も影響を受けたゲームをチョイスしているので、興味のある方はぜひご覧ください。(ソース: Eurogamer)


【関連記事】
海外レビューハイスコア 『Fable III』
TGS 10: 結婚や出産も!モリニュー氏が初披露した『Fable III』のCo-opプレイシステム
ピーター・モリニューの息子ルーカス君からValveにメッセージ
モリニュー氏による『Milo and Kate』の10分を超えるプレゼン映像
ピーター・モリニューが『Heavy Rain』に賛辞のコメント「脱帽した」
モリニュー: 『Fable III』には人々を本気で怒らせる要素がある
ピーター・モリニュー「体験版は嫌いだ、ゲーム本編の45分を無料で提供すべき」
ピーター・モリニューが選んだ『過去20年で最も革新的な5つのゲーム』
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

    『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

  2. PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

    PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

    【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

  4. 『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

  5. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  6. 『Uncharted: The Lost Legacy』でサリーは主役候補だった―開発裏話

  7. 【攻略】『スプラトゥーン2』試射会でも使えた初心者テクニック10選

  8. 家庭用版『マインクラフト』に「グライド ミニゲーム」新登場!―エリトラで滑空レースに挑戦

  9. PS4版『Deus Ex: MD』特典DLCの一部アイテムに不備―所持ユーザーに「補填セット」配信が発表

  10. 『FFXV』3月アップデート&DLCの国内映像、13章の新ルートやリング魔法の強化も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top