ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『2010年の最悪なゲームボックスアート』40選

ゲーム文化 カルチャー

いよいよ終わりを迎える2010年も本当にたくさんのゲームが発売されましたが、海外サイトGamesRadarでは、それらの中から最悪のゲームボックスアートを選んで1年を振り返る企画記事を掲載。見るからに酷いもの、単に手抜きなもの、そして誤解を招くものまで40種類が選ばれているので、その中の一部をここでもご紹介。

■Alabama Smith in the Quest of Fate

キャラクターの見た目や全体の構図がどこかおかしい。アイテムメニューがそのまま載ってる。


■Monster Pals

股間を社名で隠すか。


■Kid Fit Island Resort

まったくやる気ナシ。


■Robinson Crusoe 2 and the Cursed Pirates

続編にも関わらず1作目と全く同じアートを採用。


■Wildlife Camp

目がデカすぎる。


■The Guild 2: Renaissance

「ルネッサンスのことなんてあんたらこれっぽっちも分かってないんだよ」的な、おっさん自信満々の表情。


■Rulers of Nations

どこか不気味に描かれた各国の首脳。バックにはあのお方の姿も……。


■World Party Games

何か威圧感がすごい。下手したらサイコホラー。


■Deadliest Catch: Sea of Chaos

やっぱり最後はカニ漁船

ソースの記事ではこの他にも多数の最悪なボックスアートが解説付きで紹介されているので気になる方は足を運んでみましょう。もっと最悪なボックスアートを知ってる!という方はコメント欄で教えてください。(ソース&イメージ: GamesRadar)


【関連記事】
ミートボーイくんがリアル進化! PC版『Super Meat Boy』のボックスアートがすごい
『Braid』のロシア版パッケージアートが何かスゴイ
全然違ウ!海外版カバーアート 『らんま1/2 爆烈乱闘篇』
『レビュースコアは微妙でも遊ぶ価値のあるゲーム』22選
あるある!『ゲームにおける死亡フラグ』15選
『Heavy Rain』の日本版ボックスアートを見た海外ユーザーの反応は…
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. クビになった会社員がオフィスで大暴れ!新作ACT『Office Freakout』配信中

    クビになった会社員がオフィスで大暴れ!新作ACT『Office Freakout』配信中

  2. 双方向ホラー『I.C.U.』キックスタート―視聴者がゲーム配信者をビビらせる!?

    双方向ホラー『I.C.U.』キックスタート―視聴者がゲーム配信者をビビらせる!?

  3. フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表

    フロッピーディスクがコントローラーに!?インディーACT『Mr Floppy』発表

  4. 『CoD: Black Ops 3』PC向けModツールがオープンベータ突入

  5. ブリーフ姿で戦う実写格ゲー『Brief Karate Foolish』がSteam Greenlightに出現!

  6. ホラー界新星『Year Of The Ladybug』日本語字幕トレイラー!主人公は連続殺人犯

  7. 海外プロレスWWEで『ロックマン』風の入場曲が流れる―海外公式Twitterも反応

  8. 爆走撃ちまくり!レトロ風アーケードACT『Demon Truck』がSteam配信

  9. 60fps動作をサポートする『Hyper Light Drifter』βパッチ配信、初心者モードやボスラッシュも

  10. 血も涙もない世界で生きるサイドスクロールRPG『LISA』がSteam Greenlightに登場

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top