2010*年末企画 『Game*Spark大喜利』TOP10 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2010*年末企画 『Game*Spark大喜利』TOP10

Game*Spark お知らせ



Game*Sparkの1年を振り返る特集年末企画。お次は、RIKUSYOが担当する読者参加型連載企画、『Game*Spark大喜利』の審査結果発表記事で、最もヒット数の高かった10本をご紹介しちゃいします。

* * * * * * *


1位: 『TGS、隠されたもう一つの○○デイ』
お題: 明日最終日を迎える東京ゲームショウ。16日-17日は業界関係者および報道関係者のみの“ビジネスデイ”、18日-19日は“一般公開”。実は公表されていない、とある関係者向けにもう一日用意されていたのです。さてその日は“何デイ”で“誰向け”なのでしょうか。



2位: 『こんな奴とはCo-opプレイしたくない』
お題: できれば一緒にCo-opプレイをしたくない、その人のおかしな特徴をお答えください。



3位: 『ストレス蓄積ゲーム』
お題: プレイするとストレスが溜まるというクソゲー。そのストレスの原因とは?



4位: 『ラスボスのセコイ攻撃』
お題: とてもラスボスのやる事とは思えない、非常にセコイ攻撃方法をお考えください。



5位: 『ファンが人気ゲームの続編をボイコット!その理由とは』
お題: なぜファンは人気ゲームの続編をボイコットしたのか、そのとんでもない理由をお答えください。



6位: 『思わず突っ込みたくなる主人公の第一声』
お題: プレイヤーが思わず突っ込みたくなってしまう、主人公が登場して最初に放った一言をお考えください。



7位: 『遂に発見!役に立たない幻のアイテム』
お題: 入手困難なくせにゲームの進行には何ら関係のない、どうでもいい効果をお考えください。



8位: 『クソゲー確率100%』
お題: ゲームショップで手にとった瞬間にクソゲーとわかった新作ゲーム。果たしてその理由とは。



9位: 『多数のユーザーを虜にした禁断のゲーム要素』
お題: 多くのユーザーがハマりすぎて抜け出せなくなってしまったという、禁断のゲーム要素をお考えください。



10位: 『ゲームキャラが本を執筆』
お題: もしゲームキャラクターが本を執筆したら何を書くのか、以下の例を参考にその本のタイトルをお答えください。


* * * * * * *


いつの間にやら70回以上も続いているGame*Spark大喜利。そろそろお題のネタが尽きてきた(?)感もありますが、2011年もぜひご参加をよろしくお願いいたします。


【2010*年末企画 記事一覧】
2010*年末企画『2011年期待の新作』TOP50
2010*年末企画『メタスコアで見る2010年のゲーム』WORST20
2010*年末企画『豪華アイテム付き限定版』TOP5
2010*年末企画 『Game*Sparkリサーチ』TOP10
2010*年末企画『2010年の注目レースゲーム』10選
2010*年末企画 『海外で最も評価された国産タイトル』TOP20
2010*年末企画『2010年の未確定噂情報』
2010*年末企画『Game*Sparkスタッフが今年最も遊んだ5つのタイトル』
2010*年末企画『未完結のトリロジー・エピソード作品』7選
2010*年末企画『ムフフなセクシーネタ』TOP10
2010*年末企画『おバカなネタ記事』TOP10
2010*年末企画 『Call of Dutyシリーズの歴史』
2010*年末企画 『最もたくさん読まれた記事』TOP10
《Rio Tani》

特集

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・暴力編』5選―強烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  3. 【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

    【特集】『ゲームの名シーン・感動編』5選―鮮烈な印象を残す名場面集【ネタバレ注意】

  4. 【特集】『Steamで遊べる名作アドベンチャーゲーム』10選―絶対にプレイすべき傑作集

  5. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  6. 【特集】『ゲームの名台詞&洒落た台詞』7選―まるで映画!

  7. 『オーバーウォッチ』24人目の新ヒーローは一体誰?―ディレクターがヒント

  8. 『オーバーウォッチ』ねんどろいどに「メイ」「マーシー」登場か

  9. 【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

  10. Steam人気急上昇の『Wallpaper Engine』が日本語に対応

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top