ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2010*年末企画 『海外で最も評価された国産タイトル』TOP20

家庭用ゲーム Xbox360



長かった1年を締めくくるGame*Sparkの年末特集企画シリーズ。お次は昨年も取り上げた『海外で最も評価された国産タイトル』のTOP20をお届け。今年はどんな日本製ゲームが海外メディアやユーザーから高く評価されたのか、Metacriticのデータを基にランキングを見てみましょう。

尚、ベヨネッタなど昨年の記事に引き続きランクインしている作品もありますが、今回は2010年中に海外で発売された作品に限定していますのでご了承ください。

* * * * * * *


1位: スーパーマリオギャラクシー2 (任天堂) 97/100

2位: スーパーストリートファイターIV (ディンプス/カプコン) 91.5/100

3位: ペルソナ3ポータブル (アトラス) 91/100

4位: 極限脱出 9時間9人9の扉 (チュンソフト) 89/100

5位: Metal Gear Solid: Peace Walker
(小島プロダクション) 89/100


6位: ベヨネッタ (プラチナゲームズ) 88.5/100

7位: 毛糸のカービィ (グッド・フィール/任天堂) 88/100

8位: ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(レベルファイブ/スクウェア・エニックス) 87/100


9位: ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
(ゲームフリーク/任天堂) 87/100


10位: レイトン教授と最後の時間旅行 (レベルファイブ) 87/100

11位: 罪と罰 宇宙の後継者
(トレジャー) 87/100


12位: BlazBlue: Continuum Shift
(アークシステムワークス) 85.5/100


13位: Tatsunoko vs. Capcom: Ultimate All-Stars (エイティング/カプコン) 85/100

14位: UFC Undisputed 2010 (ユークス) 84.5/100

15位: モンスターハンター 3(トライ) (カプコン) 84/100

16位: No More Heroes 2: Desperate Struggle(グラスホッパー・マニファクチュア) 84/100

17位: グランツーリスモ5(ポリフォニー・デジタル) 84/100

18位: Vanquish(プラチナゲームズ) 84/100

19位: 立体ピクロス(HAL研究所) 83/100

20位: 戦場のヴァルキュリア2 ガリア王立士官学校(セガ) 83/100

※マルチプラットフォームタイトルは全機種の平均点。
※同スコアの場合はレビュー数の多いものが上位。
※タイトル名クリックでハイスコア記事またはGameRankingsにジャンプ。
※メタスコアの数値は日々変化するため順位は変動します。


* * * * * * *


結果は以上の通り。全体の傾向としては、昨年同様今年もRPG系や対戦格闘ジャンルが約半数を占め、大部分は続編やシリーズ物という顔ぶれの中、ベヨネッタやヴァンキッシュなどの新規IPで実力を見せつけたプラチナゲームズや、新スタイルのアドベンチャーゲーム“999”で勝負したチュンソフトの健闘が光ります。

そして何より特筆すべきは、97点という飛び抜けたスコアで現在歴代作品ナンバー4に位置する任天堂のスーパーマリオギャラクシー2。2010年のGame of the Year有力候補として海外トップクラスの大作ゲームと肩を並べています。

来年も世界中のゲームファンを熱くさせるゲームが日本からたくさん生まれてくれると良いですね。(ソース: Metacritic)

※UPDATE: 記事初出時、毛糸のカービィの機種表示がDSになっていましたが、Wiiの誤りでした。訂正してお詫びします。

※UPDATE: デベロッパーの表記と順位を一部訂正しました。コメントでのご指摘ありがとうございます。


【2010*年末企画 記事一覧】
2010*年末企画『2011年期待の新作』TOP50
2010*年末企画『メタスコアで見る2010年のゲーム』WORST20
2010*年末企画『豪華アイテム付き限定版』TOP5
2010*年末企画 『Game*Sparkリサーチ』TOP10
2010*年末企画『2010年の注目レースゲーム』10選
2010*年末企画 『海外で最も評価された国産タイトル』TOP20
2010*年末企画『2010年の未確定噂情報』
2010*年末企画『Game*Sparkスタッフが今年最も遊んだ5つのタイトル』
2010*年末企画『未完結のトリロジー・エピソード作品』7選
2010*年末企画『ムフフなセクシーネタ』TOP10
2010*年末企画『おバカなネタ記事』TOP10
2010*年末企画 『Call of Dutyシリーズの歴史』
2010*年末企画 『最もたくさん読まれた記事』TOP10
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. DLCまで全収録の『MGS V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN』11月発売決定

    DLCまで全収録の『MGS V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN』11月発売決定

  2. 『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

    『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

  3. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」解説動画―あのパドルボールも頼れる武器に!

    『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」解説動画―あのパドルボールも頼れる武器に!

  4. 各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

  5. 『ファイナルファンタジー XV』日本語版ゲームプレイ33分―序盤物語が語られる

  6. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  7. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  8. 「Xbox One 1TB」が9月1日より数量限定発売―2016年末まで1万円引きに

  9. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  10. 『バイオハザード7』の一部ディテールが海外レーティング審査機関に記載―ストーリーにも言及

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top