ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

Geohotに対するソニーの一時的差止め命令を裁判所が認可

January 28, 2011(Fri) 10:26 / by Rio Tani

遂に訴訟へと発展していたPS3ハック問題ですが、新たに北カリフォルニア連邦地裁が、ソニーがハッカーのGeorge Hotz氏やその他の被告に対して発行していた一時的差し止め命令を認可したことが明らかとなりました。

これにより、Geohotやfail0verflowのメンバーは、PS3のセキュリティーを回避するソフトウェアや情報を、一般公開したり、作成したり、ネット上に投稿したり、販売・宣伝したり、インストールしたり、提供あるいは取引することが禁じられるとのこと。

海外メディアに対し「Jailbreakは合法的にダウンロード出来る」と主張していたGeorge Hotz氏ですが、形勢が変わりつつあるようです。

一方、昨日リリースされたバージョン3.56の最新ファームウェアが既にハックされていると一部海外サイトが報じるなどセキュリティーの問題は依然として存在し、ソニーがPS3の新作ゲームにPCゲームのようなシリアルキーを採用するといったまであり、今後この問題がどのような方向に発展していくかが注目されます。(ソース: PSX-SCENE: Temporary Restraining Order Issued in Sony vs. Geohot via CVG)


【関連記事】
GeohotがPS3ハック訴訟に対して見解を表明「ソニーを怒らせた」
米カーネギーメロン大学教授がPS3ハッカーを支持、Jailbreakを大学のサーバーに転載
ソニーがGeohotを訴訟、一時的差し止め命令発行へ−PS3ハック問題
ソニー、PS3のハック問題に関して正式にコメントを発表
ハッカーがPS3のトロフィーを不正に解除?ソニーは問題を調査中
不正ツールを使用したPS3はソニーが機能を停止させることも可能−海外サイト報道
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image