“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ファームウェアv3.56で『CoD: Black Ops』のハッカーが永久Ban

January 28, 2011(Fri) 20:04 / by Rio Tani



「システムソフトウェアのセキュリティーを強化しました」との短いパッチノートで今週リリースされたPS3の最新ファームウェアv3.56。既にハックされたとの一部報道もある中、このアップデートのリリース後、Call of Duty: Black OpsでPS3ハックを使って不正行為をしていたプレイヤー(のPS3本体)が、同ゲームのサーバーから永久Banの処置を受けていることが明らかになりました。どの程度の規模でBanが実施されたのかは不明ですが、公式フォーラムにはハッカーが追放されたことを喜ぶユーザーの声が多数寄らせている模様。今後、Modern Warfare 2をはじめ不正行為が問題となっている別のタイトルへの対策も待たれます。(ソース&イメージ: Ripten: Firmware 3.56 Ban Hammer Hits CoD: Black Ops Hackers Hard via CVG)

【関連記事】
ハッカーがPS3のトロフィーを不正に解除?ソニーは問題を調査中
不正ツールを使用したPS3はソニーが機能を停止させることも可能−海外サイト報道
『CoD4』や『MW2』でPS3ハックによるチートが深刻化、パッチでは修正不可能
Xbox 360の自動アップデートで『Call of Duty』の違法コピーが起動不能に
PS3版『CoD: Black Ops』に多数の不具合修正を含むパッチがリリース
Geohotに対するソニーの一時的差止め命令を裁判所が認可
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image