“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ソニーがPS3ハックに対して公式声明を発表、一斉Banの動きも…

February 17, 2011(Thu) 11:47 / by Rio Tani

本日ソニー・コンピュータエンタテインメントは、「PlayStation 3からのPlayStation Networkへの接続に関する重要なお知らせ」との見出しで、PS3の不正なソフトウェアな関する公式声明を発表しました。
“最近PlayStation 3上で不正なソフトウェアが使用される事例が発生しています。
不正なソフトウェアの使用は、PlayStation 3用システムソフトウェア使用許諾契約、PlayStation Network利用規約に違反しています。
違反が認められたPlayStation 3本体につきましては保証や修理等のサービス提供の対象外となります。
また権利者の許諾がないソフトウェアをダウンロードすることは違法です。
もしPlayStation 3上で不正なソフトウェアを使用したことがあれば、直ちにそれらの使用を停止し、削除を行ってください。
不正なソフトウェアを使用している場合、今後PlayStation 3からPlayStation Networkへ接続できなくなります”

この発表はSCEAのPlayStation.Blogでも同時に行われており、ハッカーがリリースしたカスタムファームウェアによって広まった本体クラックや違法コピー、ゲーム内のチートなど一連の問題に対したものであることが分かっています。

また海外サイトの一部報道によれば、ハッカーの集まるフォーラムでは、不正な方法でPSNにログインしていたアカウントが早くもBanの処分を受けたことが報告されている模様。

ハッカーに対する訴訟やファームウェアのリリースなどこれまで水面下で動いてきたソニーですが、遂に本格的に対策に乗り出したと見るべきでしょうか。(ソース: SCEJからの重要なお知らせ, Examiner)


【関連記事】
ファームウェアv3.56で『CoD: Black Ops』のハッカーが永久Ban
Geohotに対するソニーの一時的差止め命令を裁判所が認可
『CoD4』や『MW2』でPS3ハックによるチートが深刻化、パッチでは修正不可能
GeohotがPS3ハック訴訟に対して見解を表明「ソニーを怒らせた」
米カーネギーメロン大学教授がPS3ハッカーを支持、Jailbreakを大学のサーバーに転載
ソニーがGeohotを訴訟、一時的差し止め命令発行へ−PS3ハック問題
ソニー、PS3のハック問題に関して正式にコメントを発表
ハッカーがPS3のトロフィーを不正に解除?ソニーは問題を調査中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image