ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

海外レビューハイスコア 『Bulletstorm』

February 24, 2011(Thu) 04:25 / by Round.D



Games Radar: 10/10
口汚く、超バカなアクションゲームというBulletstormへの先入観を忘れましょう。本作は知的であり、奥深さの備わった絶妙なデザインのゲームです。

Game Informer: 9.3/10
Bulletstormは個性とオリジナリティに溢れたとても優れたシューターだ。しかしそのコンセプトの広がりは後のレベルでは乏しくなる。

Eurogamer: 9/10
このゲームはくしゃみが出るほどにただ激しく笑って欲しい作品です。しかし、与えられたツールで出来るだけ実験を行って欲しい作品でもあります。

GameTrailers.com: 8.6/10

GameSpot: 8/10
長所: アクションが映えるエナジーリーシュ。スタイリッシュキルに対し報酬が与えられるスキルショットシステム。武器がかっこいい。素晴らしく見える屋外の環境。短所: 度を越えた口汚い言葉は直ぐに面白さが失われる。シューターとしてありがちな多くのありきたりな表現。マルチプレイヤーのバグ。

IGN: 8/10
Bulletstormはクールで忘れがたいものを組み合わせる結果となった。マルチプレイヤーには欠点があるも、本作はシングルプレイヤーシューターとして輝きを放っている。

演出: 8.5/10
グラフィック: 9/10
サウンド: 8/10
ゲームプレイ: 8/10
持続性: 5.5/10

1UP: 6.7/10
私はこのゲームでやろうとしている事が良くわからなかった。本作はそれ自体では素晴らしく、アドレナリン全開で楽しめる(型通りに設計され、バイオレンス表現は愉快)。しかし、戦略性に比重が置かれたゲームプレイには、過度に作られたシチュエーションや制限があり、時折自身で足を引っ張り過ぎているように感じられる。

* * * * * * *


北米では2月22日に発売されたBulletstormの海外レビューハイスコアです。Epic GamesとPeople Can Flyが共同で開発した本作は、エナジーリーシュと呼ばれる鎖を使用したゲームプレイが大きな特徴となっているファーストパーソンシューター。スキルショットの存在など、スコア要素の強いゲームとしての面も持ち合わせています。

発売前にはハイテンションなトレイラーが数多く公開され、大きな話題を呼んでいましたが、海外サイトのレビュースコアでは、上がGames Radarの100スコア、下が1UPの67スコアとなっており、サイトごとで大きく評価がわかれる結果となりました。



レビューではプレイヤーの創造性が試される自由度の高いアクションや、笑ってしまう程の過度な映像表現などが評価の対象に。反対にマイナスとなったのは、マルチプレイに残されたバグや、時折発生するテクスチャーの貼り遅れなどが指摘されています。また1UPでは、ハチャメチャなゲームプレイとは裏腹に、戦略性に比重がおかれたシステム面とのバランスに疑問を示すコメントも。

全体的には比較的好評価となっている本作、既に海外向けにデモも配信されているので、興味のある方はプレイしてみてはいかがでしょうか。国内では製品版が2月24日に発売予定となっています。(ソース: Metacritic)


【関連記事】
早くも今春に配信予定『Bulletstorm』第一弾DLC“Gun Sonata”が発表
ハートマン軍曹が登場!『Bulletstorm』の新たなパロディ映像が公開
『Gears of War 3』のベータ参加権は『Bulletstorm』以外にも存在
今週発売の新作ゲーム: 『ニンテンドー3DS』『KILLZONE3』『アイドルマスター2』『ファンタシースターポータブル2∞』他
『Bulletstorm』のPC版デモはゲーム発売後に配信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image