中国人民解放軍が共同開発のFPS『Mission of Honor』が間もなく完成 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国人民解放軍が共同開発のFPS『Mission of Honor』が間もなく完成

ニュース 最新ニュース


中国人民解放軍(People's Liberation Army)が、ミリタリー・シミュレーションを意図したファーストパーソン・シューターを開発中であると、中国日報(ChinaDaily)が伝えています。タイトルはMission of Honor。Wuxi Giant Interactiveとの共同開発で、これまでおよそ2年の開発期間を費やしているとのこと。

軍用キャンプでの典型的な兵士生活から始まり、最終的にコードネーム“Mission of Honor”と呼ばれる大規模戦に至るストーリーライン。トレーニング、ソロミッション、チームコンバットといったモードが用意されているそうです。


開発理由として、外国製のミリタリーシムは、異なる価値観を持つ兵士を混乱させる可能性がある、との報告。また制作に関して、米陸軍の公式ミリタリーシムであるAmerica 's Armyの影響も指摘されています。米陸軍が開発にこれまで3,300万ドルを投じているシリーズで、新兵の募集に(他のどんな方法よりも)効果的だった、と言われています(ただしMission of Honorが市販されるかは不明)。


現在、Mission of Honorは主要な開発をすませデバッグ段階に入っており、中国人民解放軍の将校および兵士がプレイできる機会が、間もなく訪れると伝えられています。(ソース・イメージ: ChinaDaily: China's PLA develops own military game via Gamasutra)


【関連記事】




《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 『リーグ・オブ・レジェンド』国内サービス正式スタート!入門ガイドなど新展開も

    『リーグ・オブ・レジェンド』国内サービス正式スタート!入門ガイドなど新展開も

  2. 娘のために作られた『魔界村』風2D ACT『Battle Princess Madelyn』フライハイワークスがローカライズを担当

    娘のために作られた『魔界村』風2D ACT『Battle Princess Madelyn』フライハイワークスがローカライズを担当

  3. 『STAR WARS バトルフロント』続編では多数の新キャラ登場、EA最高財務責任者が明かす

    『STAR WARS バトルフロント』続編では多数の新キャラ登場、EA最高財務責任者が明かす

  4. Steam版『閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS』海外配信日決定―「一騎当千」DLCも

  5. 『ディビジョン』開発元、映画「アバター」題材の新作ゲームプロジェクトを進行中

  6. Xbox定額制サービス「Xbox Game Pass」海外発表!100タイトル以上がいつでも

  7. 『ハースストーン』新拡張「大魔境ウンゴロ」発表!135種類のカード追加

  8. PS Vitaのシステムソフトウェア“バージョン2.06”がアップデート配信開始

  9. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  10. 噂:『アサシンクリード』次回作とみられるスクリーン出現―エジプトが舞台?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top