“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

『Gears of War 3』に中規模アップデート、観戦モードやHUD無効オプションなどが追加

November 16, 2011(Wed) 13:25 / by tobiuo

発売が開始されてから各種武器の調整や配置換えなどが頻繁に行われている『Gears of War 3』ですが、現地時間の本日午前2時より、中規模のタイトルアップデートが行われる事がEpic Gamesより発表されました。

今回のアップデートでは、観戦モードやマルチプレイヤーでのHUD無効オプションなど、実際のゲームプレイ外に関する修正や追加が多くなっているようです。またホードモードでホストが移行してもWave数が継続出来るといった、細かな足回りも改善される模様。なおアップデート作業中はデディケイテッドサーバーの利用が不可になる事が告知されています。全アップデート項目は以下の通り。

■ゲームの大会で配信する用にプライベートマッチに観戦モードのオプションを追加。

*試合のセットアップ時間中に各チームで1人が観戦モードを選択出来る。

*試合形式は4 vs 4、スペクテイター2人といった形になる。

■Leader(リーダー)とVengeful(復讐の鬼)メダルがより獲得しやすく。

■ミューテータ―のRoadie Comet(コメット)とRegen Enemies(敵の回復)がより獲得しやすく。

■マシニマや映像作成者向けにマルチプレイヤーでのHUD無効オプションが追加。

■King of the Hill(KOTH)モードで、既存のリングが残り10ポイントになると、次のリングへの地点が表示されるようになる。

■Field Engineer(サービス技師)の不正獲得が不可能に。

■Capture the LeaderモードのマップDryDockで中央脇にある連絡通路が使用出来なくなった。

■スモークグレネードによるスタン中に、ミートシールドや武器の取得、チームメイトの回復が出来なくなる。

■ホードモードでホストが移行した際に、同Waveからのゲーム再開が可能に。

■Combat Engineer(戦闘技師)のリボンが1ゲーム毎では無く1Wave毎に獲得出来るようになる。

■ホードやビーストモードのプレイを辞めた際にランク切断が増加する現象を修正。

■Motor(迫撃砲)による怯みで武器を落とす事がなくなった。

■Hail Mary(超ロングパス)のリボンがブームショットによる長距離のヘッドショットでも獲得出来る様になった。

■ランダムマップで同じマップが続く事が無くなった。

■プライベートマッチでホストがポーズしても他のプレイヤーはゲームが続行出来るようになる。(キャンペーンとBeast and Hordeモードは現在の仕様のまま)

■進行状況が失われる問題への対策。

■プロフィールがフリーズしてしまう問題(画面分割フリーズ)への対策。

■フレンドにチャレンジを送信した際にBeastモードのリーダーボード画面が更新されてしまう問題を修正。

(ソース: Epic Games)


※UPDATE(2011/11/16 2:00): 本文を一部修正しました。コメント2番さん、6番さんご指摘ありがとうございます。

【関連記事】
『Gears 3』“Horde Command Pack”のトレイラー映像が投下!
『Gears 3』DLC“Horde Command Pack”が本日配信、新たな無料マップパックも発表!
『Gears 3』DLC“Horde Command Pack”が技術的問題で配信延期
『Gears of War 3』にハロウィン限定のパンプキンヘッドが実装!
ラーム将軍となれ!『Gears 3』キャンペーンDLC“RAAM's Shadow”が発表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image