スクエニ北瀬氏: 海外メーカーの開発ペースを見習う必要がある | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクエニ北瀬氏: 海外メーカーの開発ペースを見習う必要がある

家庭用ゲーム Xbox360

『ファイナルファンタジー』シリーズなどでプロデューサーを務めるスクウェア・エニックスの北瀬佳範氏が、欧州サイトGameReactorのインタビューで、海外大手メーカーのゲーム開発ペースを見習うべきとする発言をしています。

北瀬氏は、『Call of Duty』、『Battlefield』、『Assassin's Creed』といった現行機における海外のトリプルA級ゲームシリーズの名前を挙げ、それらが1年ないし2年のペースで続編が作られていると指摘、ファンの興味を引き留めるためにそうした技術を見習う必要があると説明。

一方、開発におよそ5年を要したと言われる自社の『ファイナルファンタジーXIII』については、「個人的に完成までに時間がかかりすぎたと思う」とコメント。それを教訓に、続編の『FFXIII-2』を約18ヶ月で完成させたことには満足している旨を語ったそうです。

また、同氏は依然として発売時期の定まらない『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』にも言及、「全力で開発に取り組んでおり、素晴らしい作品になるだろう」とした上で、現段階で新しい情報はないと伝えています。(ソース: GameReactor via VG247)


【関連記事】
スクエニ北瀬氏: 『ファイナルファンタジーXV』のアイデアがいくつかある
北瀬氏: 『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』は2011年の発売を約束できない
スクエニ、複数の新作ゲーム用にUnreal Engine 3のライセンスを取得
噂: スクエニが『ファイナルファンタジーXIII-3』の関連ドメインを登録
北瀬氏: 『FFXIII-2』では『FF XIII』でカットしたコンテンツは再利用しない
『ファイナルファンタジーXIII』海外レビューの“リニア”という指摘に対する開発陣の反応は…
『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』の開発期間はFF13よりも比較的短い
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

    『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  2. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  3. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. PS4版『ARK: Survival Evolved』海外ローンチ映像!壮大サバイバルがPS4で開幕

  6. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  7. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  8. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  9. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  10. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top