集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴

家庭用ゲーム PS3

ユーザーが集団訴訟を起こすのを未然に阻止するような内容で、今年9月にPlayStation Network及びSony Entertainment Networkのサービス利用規約(ToS)を改定していたソニーですが、これに対して米国ユーザーが集団訴訟を起こしたことが明らかになりました。

GameSpotが入手した裁判資料によると、先月末頃、カリフォルニア北部に住む男性が、規約の改定が行われた2011年9月以前にPS3本体を購入、あるいはPlayStation Networkに登録を行った全てのユーザーを代表してソニーを提訴していたとのこと。

訴えの内容は、ソニーが行った不公正な取引方法を指摘するもので、代金を支払って本体を購入しているにも関わらず、ユーザーが集団訴訟を起こす権利や、PlayStation Networkのオンラインサービスにアクセスすることを放棄させていると主張。

さらに、利用規約の変更があった部分は、21ページに及ぶ規約文の最後に近い部分に記載されていたことや、簡単に観覧ができるオンライン版は更新されないなど、ユーザーが規約の改定を確認しづらい環境だった点を同時に追及。

PS3に他のOSをインストールする機能の制限や大規模な個人情報流出事件などで、今年に入ってからも、米国のユーザーを中心としてソニーに対し複数の集団訴訟が起こされていました。

尚、先日Microsoftも、米国ユーザーの集団訴訟を阻止する意図を含んだXbox LIVE利用規約の改定を行ったと言われています。(ソース: GameSpot: Sony sued over terms of service update)


【関連記事】
米連邦地裁、PS3“Other OS”機能廃止の集団訴訟を却下
PS3版『Battlefield 3』に『BF1943』が未収録だった件で集団訴訟が発生
ソニーとLG電子、特許侵害を巡る訴訟合戦に和解
OSインストール機能廃止の集団訴訟、SCEAが告訴取り下げを要求
米国のユーザーがSCEAを集団訴訟−PSN個人情報流出で
「不当な利益を得ている」マイクロソフトポイントを巡り米国で集団訴訟
PS3のOSインストール機能廃止をめぐり米国で集団訴訟
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. フィル・スペンサーらMS担当者が「ニンテンドースイッチ」にコメント

    フィル・スペンサーらMS担当者が「ニンテンドースイッチ」にコメント

  2. PSVRの追加販売決定! 『バイオハザード7』と同日の1月26日より

    PSVRの追加販売決定! 『バイオハザード7』と同日の1月26日より

  3. 『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

    『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. Nintendo Switch『スプラトゥーン2』をプレイ!イカしたバトルはさらに進化

  6. 「ニンテンドースイッチ」ローンチタイトルが公開!『ゼルダ』『ボンバーマン』など8タイトルが明らかに

  7. 『レインボーシックス シージ』新シーズンパス登場―8名の新オペレーター追加へ

  8. 『The Last of Us Part II』の発売日やゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  9. PS4新作オープンワールド『Days Gone』の発売日やゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  10. 『スプラトゥーン2』ステージで見所たっぷりバトル動画公開!各種ブキ・スペシャルウェポン詳細も

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top