集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴

家庭用ゲーム PS3

ユーザーが集団訴訟を起こすのを未然に阻止するような内容で、今年9月にPlayStation Network及びSony Entertainment Networkのサービス利用規約(ToS)を改定していたソニーですが、これに対して米国ユーザーが集団訴訟を起こしたことが明らかになりました。

GameSpotが入手した裁判資料によると、先月末頃、カリフォルニア北部に住む男性が、規約の改定が行われた2011年9月以前にPS3本体を購入、あるいはPlayStation Networkに登録を行った全てのユーザーを代表してソニーを提訴していたとのこと。

訴えの内容は、ソニーが行った不公正な取引方法を指摘するもので、代金を支払って本体を購入しているにも関わらず、ユーザーが集団訴訟を起こす権利や、PlayStation Networkのオンラインサービスにアクセスすることを放棄させていると主張。

さらに、利用規約の変更があった部分は、21ページに及ぶ規約文の最後に近い部分に記載されていたことや、簡単に観覧ができるオンライン版は更新されないなど、ユーザーが規約の改定を確認しづらい環境だった点を同時に追及。

PS3に他のOSをインストールする機能の制限や大規模な個人情報流出事件などで、今年に入ってからも、米国のユーザーを中心としてソニーに対し複数の集団訴訟が起こされていました。

尚、先日Microsoftも、米国ユーザーの集団訴訟を阻止する意図を含んだXbox LIVE利用規約の改定を行ったと言われています。(ソース: GameSpot: Sony sued over terms of service update)


【関連記事】
米連邦地裁、PS3“Other OS”機能廃止の集団訴訟を却下
PS3版『Battlefield 3』に『BF1943』が未収録だった件で集団訴訟が発生
ソニーとLG電子、特許侵害を巡る訴訟合戦に和解
OSインストール機能廃止の集団訴訟、SCEAが告訴取り下げを要求
米国のユーザーがSCEAを集団訴訟−PSN個人情報流出で
「不当な利益を得ている」マイクロソフトポイントを巡り米国で集団訴訟
PS3のOSインストール機能廃止をめぐり米国で集団訴訟
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

    『Destiny 2』新映像でPS4時限独占コンテンツ告知

  2. 『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

    『ウォッチドッグス2』新たな無料コンテンツ発表、DLC第3弾は4月海外配信

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

    【特集】『スプラトゥーン2』先行試射会の6時間でわかったこと

  4. PS4版『FF15』DL版のセールが開催―4月3日までの期間限定!

  5. 『Uncharted: The Lost Legacy』でサリーは主役候補だった―開発裏話

  6. ニンテンドースイッチ本体更新データVer.2.1.0配信、システム安定性や利便性向上

  7. 家庭用版『マインクラフト』に「グライド ミニゲーム」新登場!―エリトラで滑空レースに挑戦

  8. 【特集】ゲームバイヤーが見た、ニンテンドースイッチの行方―販売状況や入荷予定は?

  9. 『FFXV』3月アップデート&DLCの国内映像、13章の新ルートやリング魔法の強化も

  10. PS4版『Deus Ex: MD』特典DLCの一部アイテムに不備―所持ユーザーに「補填セット」配信が発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top