小島監督: 『MGS4』が映画ゲームとなったのにはちょっとした間違いがあった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島監督: 『MGS4』が映画ゲームとなったのにはちょっとした間違いがあった

家庭用ゲーム PS3

先日は初代『Metal Gear Solid』のリメイクに対する想いを語った小島 秀夫監督。新たに海外ゲーム雑誌OPMによるミニインタビューの続きが公開され、今回は『Metal Gear Solid 4』に対する同監督の考えが明らかにされました。

小島監督は『MGS4』でやりたかった事を全て達成した訳では無いとコメントし、出来なかった事の1つとして映像に関する機能を挙げています。例えば何かを燃やす事で科学的な反応が起きる、草に水をかけると花が咲くといった、リアルタイムで変化していくグラフィックを『MGS4』にて実現したかったとのこと。

またシリーズ最終章として様々な伏線や謎を纏め上げた『MGS4』ですが、その解説やストーリーラインの強調が批判される事に対し、小島監督は「開発当初にしようとしていた事を全て達成したわけではないと感じています」と再び発言。それらのシステムよりもむしろグラフィックを優先した事を明らかにし、その結果、“映画ゲーム”となってしまった事を「恐らくちょっとした間違いがあった」と表現しました。それが私が『4』から学んだことであると、小島監督は『MGS4』のミニインタビューを締めくくっています。
(ソース: Official PlayStation Magazine UK)


【関連記事】
小島監督: クリエイターとしては『MGS』リメイクにあまり興味が無い
小島秀夫氏次回作『Project Ogre』はオープンワールドゲームに
小島秀夫氏、FOXエンジンで実験中の「新作」ゲーム画面を披露
雷電はどの様に生まれ変わったのか?『Metal Gear Rising』インタビュー映像
小島氏新作『Project Ogre』の初ディテールが判明、『MGS4』の裏話も
《ishigenn》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  2. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

    『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  3. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  4. 海外レビュー速報『Horizon Zero Dawn』

  5. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

  6. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  7. MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

  8. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  9. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  10. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top