ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Minecraft』が特許侵害で訴えられる、訴訟した企業は特許トロールとの情報も

ニュース 最新ニュース

Bethesdaとの『Scrolls』商標問題が記憶に新しいMojangですが、同社の大ヒットタイトル『Minecraft』が特許侵害にて訴えられるという事態が新たに発生してしまったようです。

この情報はMojangのMarkus"Notch"Persson氏自身がツイッターで「その1、起きる。その2、Eメールをチェックする。その3、特許侵害で訴えられているのを確認。その4、笑う」と冗談を交えながら伝えたもの。pdfファイルの訴状も公開されており、確かに特許侵害にて訴えられていることが確認できます。

問題となっているのは、2001年に申請され2005年に認可された“電子データに対する無許可アクセスを防止する”という特許。訴状を起こした知的財産支援研究所Unilocは、Mojangが携帯電話やタブレット向けに上記システムを含むAndroidベースのアプリケーションを製作、販売するなどし、この特許を直接侵害したと訴えているようです。

なお海外サイトBoingBoingでは、Unilocは特許トロール(特許で多額の賠償金を得ようとする企業や組織)であるとも指摘されています。Unilocは70以上の企業を訴えた過去を持っており、また今回の訴えと同様の裁判をElectronic Artsの『Bejewelled 2』に対しても起こしているようです。

Notch氏は、ソフトウェアの成長を妨げるソフトウェア特許は「明らかな悪だ」ともツイート。「不運なことに、彼らはソフトウェア特許で我々を訴えている。もし必要なら、彼らが一銭も得られないのを確実にするために山ほどの金をつぎ込むよ」とも述べ、訴訟に対抗する姿勢を見せています。
(ソース: Blue's News , BoingBoing)

【関連記事】
Activisionと元Infinity Ward社員の訴訟で和解が成立、EAからコメントも
Infinity Ward創設者とActivision訴訟合戦の公判日が5月末に延期
BlizzardとValve、『DOTA』の商標権を巡る訴訟で和解
EAとActivisionの4億ドル訴訟に進展、訴えが認められ来年5月より審理開始
集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

    F2Pシューター『Halo Online』開発中止、正式リリースならず

  2. インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

    インサイダー登録者向け『バトルフィールド 1』OBTは1日早く先行実施!

  3. Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

    Battle.netにFacebook連携のゲーム配信機能「ブリザードストリーミング」が実装!

  4. 噂: 『Duke Nukem』謎のカウントダウンの正体を海外サイトが報告

  5. 『レインボーシックス シージ』最新アプデ配信時間が告知―日本語パッチノートも

  6. 噂: 「PS4 Slim」に続き新型「DUALSHOCK 4」映像が出現

  7. 『Star Citizen』アルファ版2.5が配信開始―アウトロー向け新ステーションなどが実装

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. 【GC 2016】スター・ウォーズの世界をVRで!『Star Wars Battlefront Rogue One: X-wing VR Mission』体験レポート&開発者インタビュー

  10. 『ウィッチャー3』GOTY版と通常版のセーブデータが非互換な理由が判明

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top