ハードコアゲーマーのためのWebメディア

MSが複数プロジェクトの中止を発表、バンクーバースタジオ閉鎖の噂も

PC Windows


Microsoftは、海外メディアに送った新たな声明で、今年2月にPCでリリースしたF2Pタイトル『Microsoft Flight』と、Kinectを使った幼児向けプロトタイプUI『Project Columbia』の開発を終了する決断をしたと発表しました。

開発中止の理由は「長期的な目標と開発プランにうまく向かうための助けになると感じたため」と説明。『Microsoft Flight』については今後もコミュニティーのサポートを続け、ゲームも公式サイト上で引き続き無料にてダウンロードが可能とのこと。

時を同じくして、関係者の新たなツイートやFacebook投稿などから、カナダ・バンクーバーにあるMicrosoft Games Studiosのオフィスから35名の全スタッフがレイオフされたとの情報も入っており、Microsoftへの確認が急がれている状況。

バンクーバースタジオでは、コア向けのKinectトリプルA級シューターが開発されているとのも昨年ありましたが、その後続報は届いていません。

余談ですが、RockstarUbisoftActivisionカプコンなど、最近になってバンクーバーを拠点にするスタジオの閉鎖やレイオフが相次いでいます。(ソース: Kotaku: Microsoft Reportedly Shuts Down Vancouver-Based Studio, Polygon)

【関連記事】
『Dead Rising 2』の開発元Capcom Vancouverにてレイオフが実施
『Microsoft Flight』の発売日が決定、有料DLCの詳細も
MSがKinect対応のトリプルA級シューターを開発中?開発者の経歴から明らかに
Ubisoft、バンクーバー開発スタジオの閉鎖を明らかに
『Max Payne 3』のRockstar Vancouverが閉鎖、Torontoスタジオに統合・拡張へ
『Prototype』の開発元Radical Entertainmentで大規模レイオフ
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

    柴犬との生活を描く新作ゲーム『Year of the Dog』が開発中―サンフランシスコが舞台

  2. Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

    Steam版『怒首領蜂大復活』10月14日配信決定、配信開始から1週間は15%OFF

  3. PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

    PC版『レインボーシックス シージ』低価格「スターターエディション」が限定復活

  4. 『War Thunder』最新アプデ1.63「砂漠のハンター」配信!20以上の車輌が追加

  5. PC版『Quantum Break』Steamで配信開始!日本語インターフェース/字幕をサポート

  6. フェチ詰め込みすぎな三人称パズルACT『Haydee』が配信開始!―主人公が艶めかしい…

  7. タイマン剣術アクション新作『Nidhogg 2』発表!―前作よりもコミカルな雰囲気に

  8. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  9. 宇宙にも飛び出す惑星サバイバル『Osiris: New Dawn』がSteam早期アクセス開始!

  10. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top