噂: 次世代Xbox“ドゥランゴ”やKinect 2の開発キットイメージが流出か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 次世代Xbox“ドゥランゴ”やKinect 2の開発キットイメージが流出か

家庭用ゲーム Xbox360


コードネーム“ドゥランゴ”の名で様々な噂が挙げられている次世代Xboxですが、先月末よりそのDurangoの開発キットのものとされるイメージが流出、これが本物では無いかとして海外で大きな話題となっています。

この画像が最初に登場したのは開発者フォーラムAssembler。同フォーラムでは当初、投稿されたイメージは偽物であるとして一蹴されたそうですが、Digital Foundryが複数の開発者を対象に調査した結果、各ソースからこれらのショットは本物であると指摘されたそうです。

1人の次世代開発者によれば、画像のブラックケースが“ドゥランゴ”開発キットとなっており、標準的なゲーミングPCのように多数のパーツを有しているとのこと。“D3D11Game1”と“NuiView”と呼ばれるアプリケーションは、360上で動作するレンダリングカメラの視聴とKinectデータのためのシンプルなツールとなっているそうです。

この画像をリークしたDaEなる人物によれば、この開発キットは2月にMicrosoftより与えられたものだそうで、64-bitシステム、インテルCPU、nVidiaグラフィックカード、8GB以上のRAMを搭載。最終的に同ハードウェアは8コアCPUを持つだろうとDaE氏は語っています。(なおDigital Foundryは、開発キットが販売用コンソールよりも高コストで構築されている点を指摘しています)




Digital Foundryに対しDaE氏は、“ドゥランゴ”向けにセットアップされたと見られるMicrosoftのVisual Studioコーディング・ツールのショットも公開しています。


また本日、DaE氏経由(SuperdaeはDaE氏のTwitterカウント名)で新たにDurango向けKinectの開発キットのものとされるイメージが公開されています。


(ソース&イメージ: Digital Foundry via VGA247(1) , (2))

【関連記事】
噂: 海外ゲーム誌にドゥランゴ情報が掲載、次世代機向けゲームがE3で先行発表か
次世代タイトルの開発コストは2倍に−ドゥランゴ開発者が証言
Crytekの従業員が“ドゥランゴ開発者サミット”に参加しているとツイート
噂: Xbox後継機のコードネームは“ドゥランゴ”
《ishigenn》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

    生き生きとした生態系が構築される『Rain World』―新たなGIF動画も公開

  2. 『バイオ7』序盤ストーリーダイジェスト公開―DLC「Not A Hero」の2017年春無料配信も決定!

    『バイオ7』序盤ストーリーダイジェスト公開―DLC「Not A Hero」の2017年春無料配信も決定!

  3. ニンテンドースイッチ版『Borderlands 3』の可能性は低い―GearboxCEO談

    ニンテンドースイッチ版『Borderlands 3』の可能性は低い―GearboxCEO談

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. PlayStation UK、Twitterアカウントの重力が反転!『GRAVITY DAZE 2』らしさ満点のプロモーションに

  6. フィル・スペンサーらMS担当者が「ニンテンドースイッチ」にコメント

  7. 『The Last of Us Part II』の発売日やゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. 『仁王』のマスターアップが遂に報告!―特別番組第3回も放送決定

  9. PSVRの追加販売決定! 『バイオハザード7』と同日の1月26日より

  10. 『レインボーシックス シージ』新シーズンパス登場―8名の新オペレーター追加へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top