“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

ソニーがStudio Liverpoolの閉鎖を発表−『WipEout』シリーズの英国老舗スタジオ

August 22, 2012(Wed) 21:50 / by Rio Tani

本日ソニーは、代表作『WipEout』シリーズなどで知られる英国の開発スタジオSCE Studio Liverpoolの閉鎖を発表しました。

SCE Studio Liverpoolは元Psygnosisの名で1980年代に設立された超老舗のスタジオで、AtariやAmigaの時代から数々の作品のパブリッシングを手がけた他、1993年にソニーに買収された以降は、『WipEout』、『Colony Wars』、『Formula One』といった象徴的なシリーズを生み出し、PlayStationブランド成長の一端を担ってきた存在と言えます。

SCE Worldwide Studiosの声明によると、リソースやプロジェクトの定期的な審査を行う中で、他のスタジオが現在取り組む新プロジェクトへの出資計画にフォーカスすることになったため、欧州圏スタジオ間でいくつかの転換が必要で、Studio Liverpoolの閉鎖を決断したとのこと。

尚、閉鎖されるStudio Liverpoolのチームが拠点にしていたリバプールの施設には、WWSEやSCEEの各部署も入っており、オフィス自体は今後も運営を続けていく模様です。

PS Vitaの最新作『WipEout 2048』を担当したスタジオのSandy Lobban氏は、「今日、Studio Liverpoolの一つの時代が終わった。その一部となれたことを誇りに思う」とツイートで別れを告げています。(ソース: Eurogamer, Kotaku)

【関連記事】
SCEリバプールがPS3、PS Vita向け新作タイトルに着手、オーディオスタッフを募集
噂: Studio Liverpoolが『WipEout』の完全新作を開発中?
E3 09: 初の拡張パック『WipEout HD Fury』発表!新たなモードやコースを用意
海外レビューハイスコア 『WipEout Pulse』
『MAG』『SOCOM』シリーズのZipperスタジオ閉鎖をソニーが正式発表
SOEが200人規模のレイオフ、スパイアクションMMO『The Agency』の開発も中止
元SCEのPhil Harrison氏がMicrosoftの欧州幹部に就任
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image