ソニーがStudio Liverpoolの閉鎖を発表−『WipEout』シリーズの英国老舗スタジオ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニーがStudio Liverpoolの閉鎖を発表−『WipEout』シリーズの英国老舗スタジオ

ニュース 最新ニュース

本日ソニーは、代表作『WipEout』シリーズなどで知られる英国の開発スタジオSCE Studio Liverpoolの閉鎖を発表しました。

SCE Studio Liverpoolは元Psygnosisの名で1980年代に設立された超老舗のスタジオで、AtariやAmigaの時代から数々の作品のパブリッシングを手がけた他、1993年にソニーに買収された以降は、『WipEout』、『Colony Wars』、『Formula One』といった象徴的なシリーズを生み出し、PlayStationブランド成長の一端を担ってきた存在と言えます。

SCE Worldwide Studiosの声明によると、リソースやプロジェクトの定期的な審査を行う中で、他のスタジオが現在取り組む新プロジェクトへの出資計画にフォーカスすることになったため、欧州圏スタジオ間でいくつかの転換が必要で、Studio Liverpoolの閉鎖を決断したとのこと。

尚、閉鎖されるStudio Liverpoolのチームが拠点にしていたリバプールの施設には、WWSEやSCEEの各部署も入っており、オフィス自体は今後も運営を続けていく模様です。

PS Vitaの最新作『WipEout 2048』を担当したスタジオのSandy Lobban氏は、「今日、Studio Liverpoolの一つの時代が終わった。その一部となれたことを誇りに思う」とツイートで別れを告げています。(ソース: Eurogamer, Kotaku)

【関連記事】
SCEリバプールがPS3、PS Vita向け新作タイトルに着手、オーディオスタッフを募集
噂: Studio Liverpoolが『WipEout』の完全新作を開発中?
E3 09: 初の拡張パック『WipEout HD Fury』発表!新たなモードやコースを用意
海外レビューハイスコア 『WipEout Pulse』
『MAG』『SOCOM』シリーズのZipperスタジオ閉鎖をソニーが正式発表
SOEが200人規模のレイオフ、スパイアクションMMO『The Agency』の開発も中止
元SCEのPhil Harrison氏がMicrosoftの欧州幹部に就任
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

    「オーバーウォッチリーグ」年間収益の1億ドル超見通し

  2. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

    【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  3. 豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

    豪州の『Outlast 2』審査問題、提出用素材に手違い

  4. 『Destiny 2』予告イメージが公開!―公式ツイート

  5. 『DARK SOULS III』第2弾DLCアクセス方法など「よくある質問」公開

  6. 『モンハン ダブルクロス』小嶋P&市原Dによるセミナー開催!開発過程やモンスターの誕生秘話を語る

  7. 名作RPG『Planescape: Torment』リマスター発表か―謎のティーザーサイト現る

  8. 『パラッパラッパー』サウンドトラックも復刻決定!当時の音源そのままに全44曲が収録

  9. 「2016年度 ゲーム企業総収益ランキング TOP25」発表―海外リサーチ企業報告

  10. 『DARK SOULS III』次期アップデート早くも発表―DLCのシステム追加対応など

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top