ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニーがStudio Liverpoolの閉鎖を発表−『WipEout』シリーズの英国老舗スタジオ

ニュース 最新ニュース

本日ソニーは、代表作『WipEout』シリーズなどで知られる英国の開発スタジオSCE Studio Liverpoolの閉鎖を発表しました。

SCE Studio Liverpoolは元Psygnosisの名で1980年代に設立された超老舗のスタジオで、AtariやAmigaの時代から数々の作品のパブリッシングを手がけた他、1993年にソニーに買収された以降は、『WipEout』、『Colony Wars』、『Formula One』といった象徴的なシリーズを生み出し、PlayStationブランド成長の一端を担ってきた存在と言えます。

SCE Worldwide Studiosの声明によると、リソースやプロジェクトの定期的な審査を行う中で、他のスタジオが現在取り組む新プロジェクトへの出資計画にフォーカスすることになったため、欧州圏スタジオ間でいくつかの転換が必要で、Studio Liverpoolの閉鎖を決断したとのこと。

尚、閉鎖されるStudio Liverpoolのチームが拠点にしていたリバプールの施設には、WWSEやSCEEの各部署も入っており、オフィス自体は今後も運営を続けていく模様です。

PS Vitaの最新作『WipEout 2048』を担当したスタジオのSandy Lobban氏は、「今日、Studio Liverpoolの一つの時代が終わった。その一部となれたことを誇りに思う」とツイートで別れを告げています。(ソース: Eurogamer, Kotaku)

【関連記事】
SCEリバプールがPS3、PS Vita向け新作タイトルに着手、オーディオスタッフを募集
噂: Studio Liverpoolが『WipEout』の完全新作を開発中?
E3 09: 初の拡張パック『WipEout HD Fury』発表!新たなモードやコースを用意
海外レビューハイスコア 『WipEout Pulse』
『MAG』『SOCOM』シリーズのZipperスタジオ閉鎖をソニーが正式発表
SOEが200人規模のレイオフ、スパイアクションMMO『The Agency』の開発も中止
元SCEのPhil Harrison氏がMicrosoftの欧州幹部に就任
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

    英アマゾンに『Destiny: The Collection』が記載

  2. アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

    アジア地域で開発中の「PS VR」タイトルは13本―中国/台湾などで制作進む

  3. 『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

    『Alan Wake』のRemedyが韓国FPS『CROSSFIRE 2』のストーリーモード開発

  4. 噂: 任天堂NXはNVIDIAのTegraを採用した携帯機に?―海外報道

  5. 終末世界列車『The Final Station』PS4版発表―PC版と同日配信

  6. 『ディビジョン』拡張「アンダーグラウンド」最新アプデ1.3日本語パッチノート

  7. 『ポケモンGO』連動デバイス「Pokemon GO Plus」発売延期―準備に遅れが生じる

  8. 『ICO』思わせる雰囲気で話題となったPS4新作『Rime』は現在も開発中―まもなく最新情報を公開

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 今からはじめる『Dota 2』 ― Valveが贈るMOBAの魅力を徹底解説

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top