ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Crytek CEO: 次世代機でF2Pモデルを導入しなければソニーとMicrosoftは苦戦する

家庭用ゲーム Xbox360

gamescom 2012ではUbisoftがカンファレンスの殆どをF2P作品にあてたことで様々な意見を受けましたが、『Warfare』でF2P参戦を果たしたCrytek社がこのF2P化の波にについて言及。次のコンソール世代ではFree-to-Playを中心としたモデルを導入しなければ、ソニーとMicrosoftは苦戦するだろうという意見を、CEOであるCevat Yerli氏が語っています。

海外サイトEurogamerより、もしMicrosoftとソニーの次世代機にてF2Pが中心になるならばどう考えますかと尋ねられたYerli氏は、「彼らがそうすることを願っている」と返答。さらに「もしそうしなければ、彼らにとっては苦しい時間になるだろう」とコメントしました。

Yerli氏は、現在の小売店の利益はハードウェアの売り上げやゲームソフトのマージンによって支えられているため、F2Pをメインに導入するという戦略は小売店の利益を無くしてしまう行為になり、両社とっては大きな決断になるだろうと発言。

またCrytekスタジオ自身も今後はF2Pの流れに乗る予定で、『Crysis 3』や『Ryse』、『Homefront 2』以降の全作品でF2Pのビジネスモデルを用いていくとのこと。

同氏は「F2Pが悪いイメージを持っているのは理解している。大体の人は勝つために金を支払うとか、F2P作品はクオリティが低いとか考えているだろう。だが我々は高いクオリティのF2P作品を作っている。CryEngine 3を利用し、大きな投資を行っている」ともコメントし、F2P作品でも良いゲームがプレイできることを強調しています。
(ソース: Eurogamer)

【関連記事】
『Ascend: New Gods』のF2P採用が正式発表、Windows Phone直撮りプレイ映像も
『Counter-Strike』“de_dust2”とそっくり?F2PのFPS『Arctic Combat』に疑惑のマップが登場
Ubisoft: PCゲームの著作権侵害率は93〜95%、F2Pは有効な対抗手段
GC 12: CryEngine 3採用F2Pシューター『Warface』最新ショット&直撮りプレイ映像
GC 12: 人気シティビルダーのF2P化! Ubisoftが『Anno Online』を発表
《ishigenn》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ロストオデッセイ』『ぐわんげ』『Toy Story 3』がXbox One下位互換に海外対応!

    『ロストオデッセイ』『ぐわんげ』『Toy Story 3』がXbox One下位互換に海外対応!

  2. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  3. 10月の「PS Plus」にフリープレイ『バイオ HD』登場―PSVR向けSPコンテンツも

    10月の「PS Plus」にフリープレイ『バイオ HD』登場―PSVR向けSPコンテンツも

  4. 『フォーオナー』侍ユニット紹介の国内向け新トレイラー2本公開!アルファテストも10月開催

  5. 『マフィアIII』国内向けトレイラー3本公開!復讐に至るベトナム帰りのリンカーンを描く

  6. 『Fallout 4』新パッチ「1.7.19」海外向け情報―『Far Habor』日本語訳など更新

  7. PS4『Rez Infinite』新メイキング映像が公開―北米PS Storeでは予約開始

  8. PS4新CM第2弾「山田と太賀と巨大な…。“PS4に一気に来る”篇」公開

  9. PS VRホラー『Here They Lie』の背筋凍りつく恐怖映像

  10. PS4『ホラート ~ディアトロフ峠の惨劇~』日本語版インプレッション―開発者が明かした本当の“怖さ”

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top