放棄状態にあった『人喰いの大鷲トリコ』の海外商標が再出願 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

放棄状態にあった『人喰いの大鷲トリコ』の海外商標が再出願

ニュース 最新ニュース

先日には商標が放棄状態で発見された『人喰いの大鷲トリコ(The Last Guardian』ですが、騒動の3日後となる8月9日付けでSCEAが商標を再度出願していた事が、superannuation氏のTwitter上の報告から明らかとなりました。

放棄状態となった翌週にはSCE WWSの吉田氏から開発状況も伝えられ、技術的問題に対処している事を説明。海外サイトでは開発中止を疑う声も多く挙がっていましたが新たな商標も確認された事でひとまず安心としています。尚、商標の放棄や今回の再出願の詳細についてはソニーから今のところ正式なコメントはありません。(ソース: Trademarkia via GamingEverything , Twitter)

【関連記事】GC 12: SCE吉田氏が『人喰いの大鷲トリコ』の近況や延期の経緯を説明
『人喰いの大鷲トリコ』の商標についてソニーが回答 「現在も開発中」
噂: 『人喰いの大鷲トリコ』の海外商標が放棄状態に【UPDATE】
上田文人氏が『人喰いの大鷲トリコ』の開発状況についてコメント
E3 2012: 『人喰いの大鷲トリコ』の不在についてソニー幹部がコメント
《FURUKAWA》

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

    Steamの『Art of Stealth』が僅か6日で削除―開発者の自演レビュー発覚

  2. あの強烈な仲人デートシム『キティ パワーズ・マッチメーカー』PS4/XB1版海外発表

    あの強烈な仲人デートシム『キティ パワーズ・マッチメーカー』PS4/XB1版海外発表

  3. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

    18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

  4. 元Activision傘下の『Guitar Hero』開発陣がUbisoftに参加、他スタジオとAAA作品開発へ

  5. フロム・ソフトウェアが『アーマード・コア』新作の一部報道に回答

  6. 狙撃FPS『Sniper Ghost Warrior 3』PC向けオープンベータが海外発表

  7. PS4版『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』体験版が期間限定配信!製品版セールも

  8. 「EA Play 2017」米カリフォルニアで6月開催決定、映像配信や大会イベントも

  9. Valveのゲイブ・ニューウェルが米長者番付でトランプ大統領やスピルバーグ超え―純資産41億ドル

  10. Valveが本格的シングルプレイゲームを開発中―『Half-Life 3』中止の噂は「信じる」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top