ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamで国産タイトルの配信が今後増加?Valveが複数の日本ゲーム会社と接触―海外報道

PC Windows

今週マーベラスAQLのPSP向けタイトル『勇者30』がSteamなどで配信されることが発表されましたが、Valveは更なる国産タイトルをSteamで配信しようと模索しているようです。海外サイトSiliconeraにて、マーベラスAQLのプロデューサーEsteban Jose Salazar氏への興味深いインタビューが掲載されています。

インタビュー中に語ったSalazar氏によれば、ValveはSteamのサービス上でユーザーに優れたオプションを提供するよう努めており、既に複数の日本パブリッシャーとコンタクをとっているのだそう。

また今回実際に『勇者30』の移植が決定した際には、継続的な支援やパブリッシングツールの提供など、Valveは移植作業を手厚くサポート。Salazar氏によれば二言語(英語と日本語)が存在することで開発が困難になるケースもあるそうですが、それでもValveは常に迅速でプロフェッショナルな援助をマーベラスAQLに対し行ったそうです。


9月27日にリリースされるPC版『Half-Minute Hero』。SteamとPlayismにて配信予定

Salazar氏は、Steamで配信をすれば広告キャンペーンと棚のスペースを心配する必要は無く、また物理ディスク版よりもフェアな価格でユーザーにゲームを提供することができるとコメント。詳細は明らかにしなかったものの、更なる新旧のマーベラスAQLタイトル配信が現在検討中で、今回の『勇者30』の配信がセールス的に成功すれば、Salazar氏個人としては更なる素晴らしいゲームをPC上に登場させたいと述べています。
(ソース: Siliconera)

【関連記事】
『XCOM: Enemy Unknown』Steamで予約開始、予約者が多ければ『Civ5』製品版が付属
リリース間近の『Half-Life』リメイクMod“Black Mesa”がSteam Greenlightに登場
Game*Sparkが選ぶ『Steam Greenlight注目タイトル』7選
ユーザーのいたずら防止でSteam Greenlightの作品投稿が有料化
エロティックゲーム『Seduce Me』がValveによりSteam Greenlightから撤去
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. 『HITMAN』次なる舞台は「コロラド」!カカシに扮して敵を欺くことも

    『HITMAN』次なる舞台は「コロラド」!カカシに扮して敵を欺くことも

  2. ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

    ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

  3. Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

    Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

  4. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  5. e-Sports志向の対戦ACT続編『Battlerite』の早期アクセスが開始

  6. 『Watch Dogs 2』は"寄り道"も豊富!海外向けゲームプレイ映像

  7. 紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

  8. 『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

  9. 協力ランダムダンジョン『Super Dungeon Bros』海外発売日決定!

  10. ローグライク風宇宙戦闘機フライトゲーム『EVERSPACE』PC/MACにて早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top