ハードコアゲーマーのためのWebメディア

噂: 『ロックマンオンライン』が開発中止か、アーティストの個人ページに大量のアートワークが掲載

PC Windows


2010年以降目立った続報の無い、韓国デベロッパーNeoWiz開発の『Mega Man Online(ロックマンオンライン)』ですが、グラフィックアートを担当するKang Dong氏の個人ホームページに本作のアートワークが一時大量に掲載されていた事が明らかとなりました。本家シリーズとは一線を画する幻想的なイメージが投稿されていましたが、現在サイト上からは建物のアートワークを残して殆どのイメージが削除されている模様です。

今年7月にはNeoWiz内での大規模なレイオフとモバイル事業へのシフトも報じられ開発中止も懸念されていた今作。今回の公式サイトを通さず個人サイトのみでのイメージ掲載も相まって開発中止の可能性が高いとされ、海外サイトMegaman NetWorkが内部から入手した情報によると開発チームの解散を確認したとの事。また、現在Kang Dong氏は自身が得意とするサイエンスフィクションを生かしたアートワークの仕事を探している事も伝えられており、あくまで正式な発表は無いものの開発中止はほぼ間違い無いと予想されています。

















2010年5月に正式に発表された『ロックマンオンライン』はその名の通りカプコンの人気アクションシリーズ『ロックマン』を基にしたPC用の3D横スクロールアクションRPGで、“ロックマン”、“X”、“ブルース”、“フォルテ”、“ゼロ”をはじめとするオリジナルキャラクターやボス達が参戦。トレイラーやゲームプレイフッテージも公開され最大4人までのマルチプレイに対応した意欲作として注目されていました。


(ソース&イメージ: Cantio 75 via Megaman NetWork , Rockman Corner)

【関連記事】噂: 『ロックマンオンライン』が開発中止か、アーティストの個人ページに大量のアートワークが掲載
『ロックマンオンライン』の新たなトレイラーやゲームプレイ映像が公開
韓国で『ロックマンオンライン』のティーザートレイラーが初登場
《FURUKAWA》

PC アクセスランキング

  1. 『HITMAN』次なる舞台は「コロラド」!カカシに扮して敵を欺くことも

    『HITMAN』次なる舞台は「コロラド」!カカシに扮して敵を欺くことも

  2. ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

    ナチス少女が主役のADV『燃え萌えナチス少女ゲッペルスちゃん』がSteam Greenlightに登場

  3. Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

    Steam所持ゲームをGOGで無料入手!「GOG CONNECT」新タイトル追加

  4. e-Sports志向の対戦ACT続編『Battlerite』の早期アクセスが開始

  5. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  6. 協力ランダムダンジョン『Super Dungeon Bros』海外発売日決定!

  7. 『Watch Dogs 2』は"寄り道"も豊富!海外向けゲームプレイ映像

  8. 紙のキャラが戦うFPS『ペーパーマン』12月26日サービス終了…約7年半の歴史に幕

  9. ローグライク風宇宙戦闘機フライトゲーム『EVERSPACE』PC/MACにて早期アクセス開始

  10. 『ストV』PC版バージョン1.09の不具合に暫定措置アップデート実施―新搭載のセキュリティ機能を削除

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top